ピクシブ百科事典

ブシドラ=アンビシャス

せいりんたいたいちょう

漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。

概要

CV:相沢まさき(2011年日テレ版)

賞金首ハンター。通称「ハンター協会の風紀委員」。テラデイン=ニュートラル、ルーペ=ハイランドと並ぶ脱会長派の中心人物で、ハンター十ヶ条改定論者。
一ツ星の称号を持つ他、会長選挙では上位16名に残るなど、協会内ではそれなりに人望の厚い人物であったことが伺える。
正義感溢れる善良な人物だが、大雑把な性格でルーペからはその点を憂慮されていた。

プロハンターでありながら悪辣非道な行為を繰り返すイルミ=ゾルディックを討伐することで脱会長派の主張の正当性を証明し、会長選挙を優位に進めようとした。その過程で(ネテロ派の人物の票を巻き込む狙いで)清凛隊を再結成し、自ら実働部隊の隊長となって直々に針人間の捕縛に向かう。しかしイルミに協力していたヒソカに殺されてしまう。

一ツ星の賞金首ハンターとバリバリの武闘派ハンターでありながら、戦闘描写すらなくヒソカに倒された挙句、死後モラウに「弱い」と吐き捨てられるなど散々な扱いであったが、そもそもヒソカの存在は前情報になかったことであり(情報を垂れ込んだキルアはイルミは「基本」仲間を使わないと教えていた)、対針人間を想定していたブシドラがあっさり殺されてしまったのにも多少の弁明の余地はある…のかもしれない。

また彼の主張していたハンター十ヶ条の改定に関してはパリストンも内心賛同していた他、クラピカも現行のハンター十ヶ条に疑念を抱いているシーンがある。

関連タグ

HUNTER×HUNTER

コメント