ピクシブ百科事典

ブー麻雀

ぶーまーじゃん

麻雀のバリエーションルールの1つ。
目次[非表示]

概要

戦後すぐに関西で流行り始めた。当時のアルシーアル麻雀のルールで、自分の持ち点が満貫(2000点)分を超えるか、誰かが飛ぶハコテン)以下になった時点でゲーム終了(ブー)となる、スピード重視のルールである。詳細のルールは、雀荘や地方によってさまざまに枝分かれしていて一定しない。かつては関東でも「スポーツ麻雀」の名前で流行っていた。

すぐに勝負がつくため、店側も雀代(ゲーム料金)が儲かり、客も勝てば稼げるその賭博性の高さから警察による取り締まりによりほぼ炙られた。現在では打てる雀荘はないと考えるのが妥当であろう。

戦後での麻雀ですぐにドラが採用されていた。

漫画作品などでは、アルシーアル麻雀の点数計算や認められている役などのややこしさから、関東式麻雀のルールを添えて、満貫8000点で行われるなど、読者にわかりやすく解説されている。

基本的なルール

  • アルシーアル麻雀のルールで行う(地方によってさまざま)。
  • 原点2000点。
  • 誰かが飛ぶ(ハコテン)か、原点分(2000点に2000点を足して4000点)以上浮いた時点でブー(終了)
  • リーチという役もある(一発裏ドラなし)。供託料は、無料か100点棒。
  • 役無しでもあがれる。
  • ピンフとツモは複合しない。また、ピンフは鳴いてもあがれる。
  • カンドラなし。
  • ワンナウト(1人沈み)になるような上がりは認められない。

などなど。

外部リンク

ブー麻雀wikipedia
フラッシュ麻雀 しらぎくフラ雀 - ブー麻雀(関東・関西ともに)プレイ可能

コメント