2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機甲部隊を再編制し、新たな危機を迎え撃て!出撃!マシンナーズ・カーネル!!

概要

SR10で登場した効果モンスター。

テキスト

特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが
戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

解説

歯車街関連の裁定が変わってから、マシンナーズ・フォートレスの2500打点でのビートダウンしか手が無かった中、新たに登場したストラクチャーデッキ「マシンナーズ・コマンドR」に新規で登場した地属性機械族のレベル10モンスター。
レベル10で通常召喚不可能ではあるが、墓地にこのカードがいる状態で自分の場の地属性機械族が破壊さえされれば、自身の召喚効果で(1ターンに1度という制約はあるが)自己蘇生ができ、用意にレベル10の3000打点が現れる事になった。
「マシンナーズ・コマンドR」で収録された機甲部隊の再編制機甲部隊の超臨界等のサポートカードの存在もあり、非常に出しやすく、自己蘇生効果持ちの為容易に効果を撃てる。

地属性・機械族・攻撃力3000という恵まれたステータスに加え、召喚のし易いレベル10である為、エクシーズ素材にもしやすい点でコンボパーツに組まれる場合もある。


(1)の効果は極めて強力で、フリーチェーンで発動でき、自身を対象に取れば攻撃力3000以下の相手モンスターをすべて破壊でき、言うなれば「攻撃力を参照するフリーチェーンのサンダー・ボルトを内蔵している」ような物。
元々の攻撃力指定ではない為、マシンナーズ・リザーブレイクやリミッター解除等で打点を上げれば、さらに破壊対象を増やすこともできる。
ユニオンモンスターを装備していればユニオンモンスターを犠牲に実質ノーコストで撃つこともできるし、そのターンまだ蘇生していない状態であれば、別の地属性機械族を選択すれば墓地にいる別のカーネルを蘇生させることもできる。
…ただし破壊できる攻撃力を持つ相手が居なければ発動自体出来ないし、効果を使用しているので実質バニラ状態になるが…
さらに選択する対象を自身の効果で耐性を得たNo.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラや、エクシーズモンスター以外の効果を受けない無限起動要塞メガトンゲイルなんかを指定すれば、彼らは破壊されず相手の場のみを破壊しつくす事も可能である。

(2)の効果は自身の蘇生に関する効果であり、自分の場の地属性機械族モンスターが破壊されれば蘇生するという物。
恐ろしい事に、戦闘・効果問わず、且つ相手の効果かも問わない為、ブラックホール等で自分の場のカードを自分で破壊しても、戦闘で自爆特攻しても(同名ターン1制限はあるが)当然の権利の如く蘇生する。
墓地に居るだけで相手にプレッシャーをかけられる点でも優秀で、仮に墓穴の指名者で除外されても、墓地にある機甲部隊の超臨界でデッキに戻せる等、純テーマであればサポートも万全と言える。
マシンナーズデッキであれば、マシンナーズ・フォートレスが手札・墓地に居れば、特殊召喚素材として墓地に送りやすい為、手札に来ても腐りにくい点でも高いシナジーがある。
墓地での効果での蘇生のおかげでスキルドレインによる影響も相対的に小さいのも利点と言える。


それ以外でも、機甲部隊の再編制でフォートレスを墓地に落としながらサーチ or フォートレスと共に手札に加えるとすれば、この時点で場にフォートレスを出しつつ墓地にカーネルを落とせたり、機甲部隊の超臨界をサーチし終わったマシンナーズ・ギアフレームを指定してデッキから特殊召喚したり、又は機甲部隊の超臨界の効果で破壊されたギアフレームをトリガーに自己蘇生に繋げる、臨時ダイヤで特殊召喚等々…

とにかくどんな場所、場合からでも飛び出してくるという、自分で使うには実に頼もしく、敵に使われたら厄介この上ないモンスターとなっている。




関連タグ

遊戯王OCG

関連記事

親記事

マシンナーズ ましんなーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マシンナーズ・カーネル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5010

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました