ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スターウォーズ』シリーズと出会い役者を志す。
その後演技学校に通い舞台経験を得て17歳で映画デビューをした。
大学に通いながら、TVドラマに出演し注目を受けるようになる。
その後もヒット作に恵まれ、主演賞にノミネートなどキャリアを積み重ねていく。
プライベートも撮影中に出会った美女と結婚し娘が誕生している。

ジミー・キンメルとの関係

ジミー・キンメル
「もう俺の彼女とは○らないと約束したはずだよな!!」

マット・デイモン
「お母さんによろしくな (意訳)。」


ジミー・キンメルとは互いに知り尽くした「宿敵」同士であり「○兄弟」でもあり「カップル」でもある。エミー賞やオスカー賞の場を二人のドタバタが「占領」することも珍しくない (上の2番目の台詞もエミー賞でのもの)。互いに名前を呼ぶよりも「それ」とか「あれ」とかの方が多いことも。

ジミー・キンメルの番組を番組ジャックしたりもする。また、ハリウッドの伝説に残るようなビデオを Youtube に投稿したこともある。

ジミー・キンメルの元カノのサラ・シルバーマン(ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ役でも知られる)や妻が、マット・デイモンと「裏で○りまくっていた」とか「子供の○がどっちのかわからない」などのテーマにノリノリで協力している。しかも、サラとマットのビデオはクリエイティブ・アーツ・エミー賞の最優秀オリジナル歌曲賞を受賞した


なお、「裏で○りまくっていた」二人に、ジミー・キンメルは復讐としてベン・アフレックと○った。しかも、その復讐ビデオには、ブラッド・ピットロビン・ウィリアムズキャメロン・ディアスハリソン・フォードドン・チードル等日本でも有名な多くのハリウッドスターが協力した。

  • ベン・アフレックによれば、ジミーの方がサラよりも胸があるらしい

ベン・アフレックも「兄弟」であり、二人のドタバタを加速させている。ジミーとベンの関係はその後も続き、ベンの妻ジェニファー・ガーナーが同じベッドで横で寝ているのに堂々と愛し合い、妻もそれを諦めている状況である。

結局のところ、マットは「ジミーにはそもそも竿がない」とし、ジミー自身も「サラにはあった」としている。そしてジミーの妻の子の「父親」はトレイシー・モーガンだと判明したが、同時にトレイシーもジミーの妻の種を妊娠していると判明した(どういうことなの・・・)。

その他

クリス・ヘムズワースいわく「ある日突然俺の自宅に子供達と一緒に現れて、そのまま何日も泊まっていく」らしい。

関連タグ

俳優
インターステラー オデッセイ(映画) グレートウォール(映画)

pixivに投稿された作品 pixivで「マット・デイモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131264

コメント