ピクシブ百科事典

マツダ・ポーター

まつだぽーたー

マツダ・ポーターはMAZDAが1968年から1989年まで発売していた軽自動車。
目次[非表示]

この自動車は、B360の後継車種であり、商用車(トラックバンなど、仕事で利用する車)であり、MAZDAにとっては軽自動車暗黒時代の軽自動車である。

概要

 この自動車はボンネットトラック/バンのマツダ・ポーターと、キャブオーバートラックのマツダ・ポーターキャブに分けられる。なお、ポーターのほうはMAZDAが軽自動車の製造を取りやめた際に一緒に製造が終了している。

 エンジンに関してはポーターは「4サイクルのエンジンから2サイクルのエンジン」にモデルチェンジされている(ちなみにこのエンジン、元はポーターキャブのもので、それを改良してシャンテに搭載、それをポーターに搭載するという複雑怪奇なことをやっている)。

 ポーターを含む軽自動車は排ガス規制強化に伴う規格改定の際、ロータリーエンジンに集中するため生産を終了(当初ロータリーエンジン搭載の軽自動車を作ろうとしたが、それを国が妨害したとされる)したが、ポーターキャブはエンジンを三菱自動車から4サイクルの2G23型の供給を受け、製造が続行された。

 なお、この二つの車種はエンジン換装を含めてすべてマイナーチェンジでおこない、ポーターキャブは約20年同形式で製造されたことになる。

参照元

Wikipediaマツダ・ポーター

関連項目

MAZDA 軽自動車 軽トラック

関連記事

親記事

MAZDA まつだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マツダ・ポーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 740

コメント