ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避


概要

フランスの焼き菓子。小麦粉の生地を型に流し込み、焼き上げて作る。型は貝殻の形をしたものが多く使われる。

溶かしたバターの香りとしっとりした食感が特徴。バニラと柑橘で香り付けされることが多いが、今は様々なフレーバーがあり、形も多様になっている。


由来

18世紀ごろ、ポーランド宮廷で働いていたマドレーヌという女性メイドが、貝殻で菓子を焼いたのが始まりとされる。これが当時のフランス王妃、マリー・レチンスカに贈られたことでフランスに伝わったという。


余談

  • プルーストの小説『失われた時を求めて』では、記憶を呼び起こす、重要な小道具としてマドレーヌが登場する。プルースト効果
  • 日本では、かつてギザギザの紙の型で作ることが多かった。これは「パン・ド・ジェンヌ」という、マドレーヌとは材料も異なる別の菓子が混同して伝わったため。現在では、本来のマドレーヌが主流になっている。

関連イラスト

和菓子屋さんのマドレーヌマドレーヌ


関連タグ

洋菓子 お菓子

カップケーキ マフィン フィナンシェ

シェルモチーフ / シェルモ

関連記事

親記事

洋菓子 ようがし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 735584

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました