ピクシブ百科事典

マルメ敬

まるめたかし

マルメ敬とは、『ザ☆ウルトラマン』のキャラクター。

概要

CV:兼本新吾
 マルメ敬とは、『ザ☆ウルトラマン』のキャラクター。

 巨漢の隊員で、元々は防衛軍の作戦室所属であったが、尊敬するアキヤマが科学警備隊に隊長として所属される事を知ると自ら志願して入隊した唯一の人物。
その見た目からも分かる通り格闘技に精通しているが、意外にも射撃名手
 事情を知らないが故に、ウルトラマンジョーニアスが現れる=自分たちが窮地に陥る時に限って姿を消すヒカリ隊員に不信感を抱いている。

 ムツミ隊員の気を引こうとするあまり、本来彼女と出撃するはずだったヒカリ隊員を部屋に閉じ込め代理を装って同行した結果、彼女がスパイラルに呑まれる遠因を作ってしまうという失態を晒した事もあったが、某防衛軍のあの人と違って基本は人情家。
 ワニゴドンペットとして飼っていたタカシ少年にたいして自分が幼少期に体験した事を話して説得を試み、ワニゴドン撃破後に悲しみに暮れる彼を慰める。
 事故により別次元から迷い込んでしまったザーモスと偶発的に接触し、事情を知り、事情を知らない為に退治されると判断して1人で内密に解決しようとしたりなど基本は良い人である。

 最終局面においてはヒカリとウルトラマンとの関連を疑い、期待するようなセリフを発している。

関連タグ

巨漢 隊員

関連記事

親記事

科学警備隊 かがくけいびたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マルメ敬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント