ピクシブ百科事典

マロン先生

まろんせんせい

クイズマジックアカデミー(QMA)シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

声:水橋かおり

ジャンル「アニメ&ゲーム」担当の教師。QMA2が初登場。言動のところどころに、アニメや他のゲームを思い出させる語句がある。

12作目『トーキョーグリモワール』の誕生日イベントでは舞台であるトーキョー世界にも行ったことがあり、アキバヴクロで知識の吸収をしていたと語っている(誕生日記念の通り名は「趣味=職業」、「栗山☆マミ」)。

外見はピンク髪のツインテールで、帽子をかぶっている。手に持っている杖(マロンボー)は量産型がカスタマイズアイテムとして販売されていたり、ボンバーガールのカスタマイズアイテムやスティールクロニクルの武器としてコラボイベントで配布されていた(なおステクロでマロン先生のコスチュームが配られたのはショタキャラのアレックス・サザーランドである)。

幼い頃魔法少女に憧れ、猛特訓の末に魔法少女になった教師。それゆえの幼い容姿(身長142cm。ちなみにアロエミューは140cm)と豊富過ぎる知識のギャップが仇となり、実年齢(17歳。QMA3あたりから何度かお茶を濁されていたが、2009年2月19日にQMA公式にてエリーザ先生が公表)を信じて貰えない日々が続く。

アルティメット・マロン先生だぞ~


『暁の鐘』(11作目)では本気を出した姿として「アルティメット・マロン」が登場。
協力プレー『マジック☆コロシアム』にて最初の挑戦者として立ちはだかる。
その姿は宇宙の法則をも変え、永遠に魔女を消し去りそうな魔法少女を彷彿とさせる。彼女を倒すと一定確率でカスタマイズアイテム「アルティメットマロンボー(量産型)」をドロップする。

『マジック☆コロシアム』にアルティメット・マロンが登場した直後の時期は最初の行動で「パワーチャージ」をしてダメージアップ効果を上乗せした状態になり、次の行動で「大攻撃」を放ち、
その1発のダメージによって味方チームのHPが満タンであっても一撃死(オーバーキル)されてしまうことがよくあった。
(ファイター4人のパーティならなんとか耐えられるらしいが、回復の手がないので次の攻撃で詰む)
以降は行動パターンも変更された。
ちなみに、新ジョブ「クロノマンサー」のコマンド「ステータスリセット」の説明時にはアルティメット・マロンのパワーチャージが例にあげられ、チャージ状態をクロノマンサー(マヤ)が解除している。
公式はこのことを理解してネタにしたと思われる。

ついにこんなネタまで

中の人だけに「マミさんだろう」という憶測が飛んだりしたが、『深夜アニメ検定』のバナー絵において盛大にネタを入れたものが。
『深夜アニメ』(外部リンク)
これでも公式絵である。

「マロン先生」は襲名制?

2019年2月22日 誕生日イベント
謎の敵に苦戦する彼女の元へ突然現れたのは引退したはずの「先代・マロン先生」であった。
先代に「師匠!」と呼んでいたり、髪の色からして、多分あの人が魔法少女の姿で協力しているのだろう。
しかし、先代と協力して倒した敵には見覚えのある印が。それはつまり…。

関連タグ

クイズマジックアカデミー QMA マロン
ロリ教師
七河瑠依声優繋がりでパロディネタがある

pixivに投稿された作品 pixivで「マロン先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215654

コメント