ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミセス・ロビンスン

みせすろびんすん

第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物。名前に"ミセス"とついているが、男性である。
目次 [非表示]

サボテンは死人に「呪い」をかける

死んだあとも奴隷にできて復讐とか恨んだりできないようにとな


概要編集

SBRレースの参加者のひとり。

メキシコの砂漠の村の出身で、左目の回りに濃いメイクをし、羽飾りのついた黒い服を着ており、耳に目玉を4つ繋げたような(悪趣味な)耳飾りをしている。

名前に「ミセス」とあるが、これは本名の一部で性別は男性である。


馬名はエル・コンドル・パサ。馬体に「TRUE LOVE」と書かれたリボンを巻き付けている。 蹄鉄の欠けた「狂暴な走り方」をするのが特徴。


名前の元ネタは、アメリカのフォーク・デュオ「Simon & Garfunkel」の楽曲「Mrs. Robinson」。 馬の名前も同じく「Simon & Garfunkel」の楽曲「El Condor Pasa」(正確にはアンデス民謡のカバー曲)。


彼の正体は、ジャイロ・ツェペリに懸けられた賞金を狙う殺し屋である。


活躍編集

体内に甲虫を飼い、その虫を操ってチョヤッ(サボテン)の針を自由に飛ばすという特殊技術を持つ。

しかし、ジャイロが地面に鉄球の振動を伝わらせたことで「チョヤッ」の針の一斉射撃を受け返り討ちに遭い、再起不能(リタイヤ)。

再起不能時の断末魔は「どばあああああああああああああ」


なお、ジャイロに懸けられた賞金を狙う敵ではあるが、ヴァレンタイン大統領と繋がりがあったかは不明。


編集

ロビンスンの技はスタンド能力ではなく、ロビンスンの故郷で身につけた技である。


「左目」の中に「虫」を飼っており、それを自在に操ることができる。

グロ注意ッ!グロ注意ッ!


この虫達の「高速の飛行風圧」を使って、空気の振動を察知して針を飛ばすサボテン「チョヤッ」の針を自由自在に発射し攻撃する。 飛ばした針の威力は、耳や手綱を軽く突き破るほどである。

具体的にどうやって虫達を操っているのかは不明。


ただ、今回は偶然にも砂漠に生えている「チョヤッ」の群生地帯だったため有効な攻撃手段なのだが、もしそれがなかった場合、どうやってジャイロを倒す予定だったのか疑問である。


関連タグ編集

ジョジョの奇妙な冒険 スティール・ボール・ラン


第2部に登場した、サボテンと縁がある刺客。主軸となる超能力とは違う能力が強力な一般人繋がりでもある。ただしこちらは、相手にサボテンを活用されて出し抜かれた。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました