ピクシブ百科事典

ミーム・ミドガルド

みーむみどがるど

ミーム・ミドガルドとは、『∀ガンダム』に登場するキャラクターである。

CV:水野龍司

概要

キース・レジェをオーナーとするパン工場の工場長を務める、色黒で寡黙な長身痩躯の壮年男性。…というのは表向きの経歴であり、その正体はアグリッパ・メンテナーの命を受けてディアナ・ソレル暗殺のために地球に送り込まれた特殊工作員である。月への帰還を望むテテス・ハレを唆して暗殺者に仕立て上げるも任務に失敗したため、口封じのために彼女を殺害している。
その後、ディアナの退位を画策するフィルら共謀し、ジャンダルムを使いディアナを地球から連れ去り、月のギンガナムの下へと送り届けている。
身分の低い家柄の出身で、月でもずっと冷遇されてきた過去を持ち、表向きはアグリッパやギンガナムに忠実に従っているものの、彼らに対する忠誠心はない。武人としてそれなりの矜持と女王ディアナへの忠誠心はあり、内心では自らの汚れ役としての立場に辟易しているものの、成り上がるためには手段を選ばないと誓っており、一連の卑劣な行為に対する躊躇いは一切ない。
また、自身の立場が悪くなると味方を裏切り、相手側に寝返るなど、卑劣な面を持ち、アニメや漫画でも敵味方から嫌われている。

キャンサーとムロンによってディアナを逃がされてしまい、冬の宮殿で黒歴史を知りアグリッパとディアナの主張を聞き、月のシステムの安定を望むミドガルドは双方に非があると考え、最後の忠誠心と称してディアナに代わりアグリッパを射殺、ディアナも殺害しようとしたが阻まれ、法の裁きを受ける事を拒むためにジャンダルムで逃走して月の宮殿に対し砲撃を加えたが、それが∀ガンダムの月光蝶を起動してしまう結果となり、自らの行いに気付いて狼狽、月光蝶を発動した∀に恐怖し、
し、ディアナに許しを乞おうと船の脱出口に向かった所を、不運にもハリー・オードに見つかってしまい、数々の悪行を犯した彼を許さないハリーによって「ディアナの法の裁き」としてゴールドスモーの素手で叩き潰され、哀れな最後を遂げた。

ときた洸一版コミカライズでは冬の宮殿でディアナ抹殺に失敗して逃亡した直後、地球に向かうギンガナム艦隊の一員になろうとしたが、卑屈で卑怯者である彼に対し、ギンガナムから「卑しいスパイに用はない」と一蹴され、アスピーテからの攻撃を受けて死亡した。

関連タグ

∀ガンダム ミーム・ミドガルド ジャンダルム テテス・ハレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミーム・ミドガルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント