ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

更新世(だいたい十数万年くらい前)に現在のオセアニア域に生息していた大型の
リクガメに近縁で性質も似ているが、厳密には別科に分類されるため現在のリクガメとは別のグループに属する。
学名の意味は「小さな放浪者」。
メイオラニア属には4種が確認されている。

植物食と考えられているが肉食とする意見もあり、間をとってアカアシガメの様な食性(落下果実に群がる虫ごと果実を食べたりする雑食)とされることも。

カメとしては珍しく、短いながらも角が生えていた。
尾には棘が生えており、メガラニアなどの大型の捕食動物を追い払うのに使われた。

余談

発見当初はトカゲだと思われており、大型トカゲであるメガラニア(大きな放浪者)と比べて小さいということでメイオラニア(小さな放浪者)と名付けられた。
そのメガラニアは6~7メートルくらいあるが、こっちは2.4メートルくらい。

関連タグ

関連記事

親記事

リクガメ上科 りくがめじょうか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メイオラニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント