ピクシブ百科事典

メス堕ち

めすおち

メスに堕ちる、メスになってしまうこと。大まかに二つの意味を持つ。
目次[非表示]

表記ゆれ

雌堕ち牝堕ちとする場合もある。
記事作成時点においては、「メス堕ち」がタグ使用数では最も多いが「雌堕ち」も続いて多く、この二つについてはどちらも使われているようである。
「牝堕ち」表記はpixivではほとんど見られないが、エロゲーやエロ漫画、官能小説などの商業作品では複数見られる。

概要

文字の通りに読めば「メス(雌、牝)に堕ちる(堕落する)」、「堕ちて、メスになってしまう」ことである。
逆説的に堕ちる前はメスではなかった、というニュアンスを含んでいるが、ここの解釈によって大まかに二つの用法で使われている。
ただし、pixivにおいては1.の用法が多数派を占めている。

1.「オス」から「メス」へ

男性が対象で、多くの場合は犯される側として、「オス」から「メス」へ堕ちることである。
メス男子女装男の娘のような性倒錯シチュ、またはBLなどの男性同性愛ジャンルで特に用いられることが多い。対象の男性は、性的・社会的に男性性を失うパターンがある。必ずしも身体的な変化(身体改造性転換)を伴うわけではない。

またTSF性転換といったシチュエーションにおいては、元男性が女性としての快楽に溺れるパターンにも同様の使い方をされることがある。肉体的には女性だが、精神的には堕ちるまで男性と捉えたものである。
なお、この用法の場合なぜか「牝堕ち」表記はあまり見られない。

2.「女性」から「メス」へ

オスメスという表現が一般に動物に使われ、人間に対しては男性女性といった表現を用いることから、「女性」から「メス」へ堕ちる≒動物や家畜のような人間より劣った存在に堕ちることを指す。
女性が性奴隷のような家畜同然の身分に貶められたり、動物同然のセックス中毒に陥ってしまったり、快楽堕ちと同じようなシチュエーションを指して用いられる。
pixivでは少数派だが、商業作品ではこちらの用法で使われている例が比較的多く、また「メス堕ち」よりも「雌堕ち」「牝堕ち」の表記で用いられることの方が若干多いようだ。

関連タグ

雌堕ち
シーメール化 メス男子 快楽堕ち 堕落 女装
BDSM Feminization Sissy

関連記事

親記事

堕落 だらく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メス堕ち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1369812

コメント