2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

表記ゆれ

雌堕ち」や「牝堕ち」とする場合もある。
記事作成時点においては、「メス堕ち」がタグ使用数では最も多いが「雌堕ち」も続いて多く、この二つについてはどちらも使われているようである。
「牝堕ち」表記はpixivではほとんど見られないが、エロゲーやエロ漫画、官能小説などの商業作品では複数見られる。

概要

文字通りに「メス(雌、牝)へと堕ちる・堕落する」、「堕ちて、メスになってしまう」ことである。
逆説的に堕ちる前はメスではなかった、というニュアンスを含んでおり、この前段階の違いによって大まかに二つの用法で使われている。
ただし、pixivのタグにおいては1.の用法が多数派を占めている。

1.「オス」から「メス」へ

男性が対象で、多くの場合は犯される側として、「オス」から「メス」へ堕ちることである。
メス男子女装男の娘のような性倒錯シチュ、またはBLなどの男性同性愛ジャンルで特に用いられることが多い。対象の男性は、性的・社会的に男性性を失うパターンがある。必ずしも身体的な変化(身体改造性転換)を伴うわけではない。

またTSF性転換といったシチュエーションにおいては、元男性が女性としての快楽に溺れるパターンについても同様の使い方をされることがある。この場合、肉体的には女性だが、精神的には堕ちるまで男性だと捉えたものである。
なお、この用法の場合なぜか「牝堕ち」表記はあまり見られない。

2.「女性」から「メス」へ

オスメスという表現が一般的には動物に使われ、人間に対しては男性女性といった表現を用いることから、「女性」から「メス」へ堕ちる≒動物や家畜のような人間より劣った存在に堕ちることを指す。
女性が性奴隷のような家畜同然の身分に貶められたり、動物同然のセックス中毒に陥ってしまったりといった、快楽堕ちと同じようなシチュエーションを指して用いられる。
pixivでは少数派だが、商業作品ではこちらの用法で使われている例が比較的多く、また「メス堕ち」よりも「雌堕ち」「牝堕ち」の漢字表記で用いられることが若干多いようだ。

生物の世界では

生物の世界では後天的に性別が変わるものも少なくない。雄から雌へ、また雌から雄へ変化するもののほか、無性別や両性具有からどちらか片方の性別へ変化するケースもある。性転換する例としてクマノミウナギハナヒゲウツボサクラダイ甘エビなどが知られ、また途中で性が分岐する例としてカタツムリウオノエアオメエソなどがいる。ホンソメワケベラのように、必要に応じ何度も性転換できる能力を持つ生物もいる。

なかでもヒラムシの生態はこの中でも群を抜いて特殊であり、その生殖行動はまさにメス堕ちと称するに値するものだろう。ヒラムシは元々雄雌両方の性器を持つ両性具有なのだが、繁殖期の二匹が出会うと両方がペニスを顕にして戦い、相手に突き刺して種付けし、先に種付けした方が勝利して、勝った方が雄に、負けた方が雌になるのである。
この繁殖方法は俗に「ペニスフェンシング」と呼ばれ、種付けしてメス堕ちさせるという強すぎるインパクト故に、強姦性転換ものの作品(ご多分に漏れずR-18)でしばしばモデルになる。

これ以外ではフクロムシに取り憑かれたカニの雄が、脳を操られて雌の体になる現象が確認されている。ゾンビものに近いが、体だけでなく行動も雌に似ることから、これもメス堕ちに分類していいだろう。

関連タグ

雌堕ち 女性化 メス化 TS TSF 性転換 ふたなり
シーメール化 メス男子 快楽堕ち 堕落 女装 男の娘
BDSM Feminization Sissy

ヒラムシ関連:おちんちんチャンバラ 種付け 強姦

関連記事

親記事

堕落 だらく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68737464

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました