2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

メリア(曖昧さ回避)の項目を参照。

大切なものの価値、失ってから気付くのでは遅すぎる。そうであろう?

我がプロフィールを見よ!

種族 ハイエンター(ホムスとの混血)
性別
年齢 88歳
身長 156cm(やや小さい方)
好きなもの 草花
苦手なもの 昆虫
基本的性格 冷静・率直・堅実
本質的性格 内気・情熱


概要だ!

CV:勝田詩織
巨神上層部に暮らす種族「ハイエンター」の皇女で、難解な熟語を織り交ぜた「だ・である」調の話し方と、先の方がロールしたツインテールのような髪型が特徴。本作中で数少ない姓・名が設定されているキャラクターで、フルネームは「メリア・エンシェント」(英語版ではメリア・アンティクア)である。年齢は88歳だがハイエンターは長命の種族ゆえ、彼らの基準では外見通りの年頃の少女にあたる。ハイエンターの皇家はある事情のため、ハイエンターの光妃とは別に影妃と呼ばれるホムスの側妻を娶って代々ハイエンターの血を薄めているが、その影妃の娘であるメリアはホムスとの混血児である。それゆえ顔立ちや身長などの容姿がホムスに近く、頭部にある翼も非常に小さい。

寿命の違いもあってホムスの実母である影妃は小さい頃に他界しており、継母にあたる光妃ユミア(およびユミアに仕えるタルコ)からは存在自体を疎まれているが、父ソレアンと異母兄であるカリアンとの関係は良好。古風で堅苦しい口調はあくまで皇女としてのものであるようで、感傷に浸っているときなど稀に年齢に見合った崩した口調で喋るところもある。その他、プレイ中にもパーティ編成などの条件により普段とは違う一面を垣間見ることができる(余談にて後述)。

このような生い立ちもあってか王族であることに責任感を感じており、人の上に立つ者として相応しくなれるよう日々努力を積む真面目で勤勉な性分の持ち主である。そのためか、堅苦しい口調とは裏腹に誰に対しても真っ正面から向き合う小気味よい性格をしており、未熟ながらも優れたカリスマ性を宿している。

主人公シュルクたちと最初に遭遇するのは、テレシアという生物を討伐するために訪れていたマクナ原生林である。テレシアに初めて遭遇した際に小さいころから共に過ごしてきた家臣4人を失ったが、シュルクらの助力を受けてそのテレシアを討ち果たすことに成功する。また、ソレアンから皇太子として指名された直後にはユミアの密命を受けたタルコによって暗殺されかかるが、未来視でそれを察知したシュルクらによって命を救われる。こうした経緯からシュルクに対して恋愛感情を感じるようになるが、彼が旅に出た動機およびその先に待ち受ける運命を目の当たりにして、複雑な心境を胸に秘めるようになる。

性能と習得アーツ

エーテル属性のサポーター兼アタッカー。平たく言えば魔法使い枠である。物理では中々体力を削れないネブラ系統や終盤のとあるボスなどに対しては特に心強いメンバー。
バフ・デバフが豊富に揃っており火力もあるため攻めの面では優秀だが、HPや素早さ(回避に影響)が最弱なため、守りの面では不安要素がある。加えて、「まず味方へバフを展開し、そのバフを無くすことと引き換えに攻撃する」という仕様もあって、攻撃のタイミングは適切に見極める必要があるため、使う場合はコンピュータに任せるより自操作にて行う方が安定して戦える傾向にある。
こうした特徴からややとっつきにくい感はあるが、戦法のバリエーションが多岐に渡ることもあり、奥の深いキャラクターとなっている。

タレントアーツ

アーツ名性能
エレメント発射(雷)敵単体にエーテルダメージ
エレメント発射(炎)ヒット時:炎熱
エレメント発射(氷)ヒット時:冷気
エレメント発射(風)範囲内の敵にエーテルダメージ
エレメント発射(地)ヒット時:毒
エレメント発射(水)ヒット時:HP吸収


下記の通常アーツのうち、「サモン・〇〇」および「サモニングコピー」によって召喚したエレメントを敵に撃ち出す。エレメントは同時に3つまで召喚することができ、召喚中のエレメントはメリアの頭上にエフェクトとして表示される。射出は新しいもの順で行われる。すなわち3つ召喚している場合、3つ目を最初に撃ち出し、最初に召喚したものは最後に射出する。よって攻撃よりもバフとして使いたいものを早めに、攻撃に使いたいものを後に出すなどの工夫が肝要となる。
他のキャラとは違い、エレメント召喚中はいつでも使用可能。その代わり、エレメントを射出するたびにタレントゲージが溜まって最大になると「エレメントバースト」のオーラが発動する。このとき、逆に通常アーツのうち普段は使えない「バーストエンド」と「マインドブラスト」が使用可能となる。
この「常にタレントアーツを最大3連続で使える」仕様およびこのタレントアーツが攻撃の主体であることもあって、チェインアタックにおいてCHAIN数を稼ぎやすいという強みもある。
オートアタックは「タレントブースト」のジェムでも付けない限りは飾りのようなものである。

通常アーツ

アーツ名習得レベル性能
サモン・ボルト1範囲内の味方にエーテル力アップ
サモン・フレア1範囲内の味方に筋力アップ
スリープマインド1ヒット時:スリープ
バーストエンド1(バースト中のみ使用可)ヒット時:物理耐性減、エーテル耐性減
スピアブレイク26ヒット時:スロウ
シャドーステッチ29ヒット時:バインド
サモン・アクア33範囲内の味方に時間ヒール
ヒールギフト35最大HPの20%を消費して仲間のHP回復
マインドブラスト(バースト中のみ使用可)ヒット時:オーラ消去、アーツ封印
サモニングコピー38直前に召喚したエレメントを召喚
サモン・ウインド41範囲内の味方に素早さアップ
スターライト・ニー44スピアブレイク後:強制転倒(特効)
サモン・アース47範囲内の味方に物理バリア
リフレクション50敵対タレントアーツ以外の攻撃を反射
パワーエフェクト53召喚エレメントのバフ効果範囲×2
サモン・アイス56範囲内の味方にエーテルバリア

(※)ストーリー進行(マクナ原生林でのレオーネ・テレシアLv.36とのボス戦)で習得。

ヘイトを下げるジェムなどを適宜装着しつつ、ダンバンラインなどに敵を引き付けてもらいながらバフで支援し、様子を見てエレメント発射でダメージやデバフを入れるのが教科書的な立ち回りとなる。

「サモン・アクア」を複数展開して自分自身に時間ヒールを入れつつ「ヒールギフト」を使うことでヒーラーとして働くことも可能。ヒールギフトの回復量はあまり多くないが、リキャストが短いためそれなりに回復することができる。ただし自分を短時間で大幅に回復する術がないので、敵からの被ダメージには十分な注意が必要。

「リフレクション」は被タゲ時や範囲攻撃への応急措置として有用。ダメージだけでなくデバフも跳ね返すことができる。効果時間は非常に短いもののリキャストがそれなりに早く使い勝手が良いため、オーソドックスな戦法とは逆に「雷発射の火力で意図的にヘイトを稼ぎ、攻撃を反射する」という立ち回りも可能。

物理攻撃のアーツは2種類だけあり、杖で突きを食らわす「スピアブレイク」に跳び膝蹴りをお見舞いする「スターライト・ニー」と、魔法使いっぽい外見や性能にしては意外なことにゴリゴリの格闘術になっている。エーテル技主体の彼女にとって火力面で主戦力となる代物ではないが、スピアブレイク後にスターライト・ニーを入れると崩しを必要としない強制転倒が発動するため、欄を2つ食う点に目を瞑れば地味に強力な機能を搭載できる。
なにより、「スターライト☆ニー!(跳び膝蹴りなので尻餅を撃つ)アイタタタタ・・・」のボイスがとてもかわいい。続編でも別キャラに継承されているあたり、色んな意味で存在感のあるアーツである。

なおスピアブレイクは相手を後方へ弾き飛ばす効果があるため、崖際で使うと……。
スリープマインドを併用すると確実性が増す。

その後

つながる未来(DE)

メリアちゃん


ディフィニティブ・エディション(Switch版)における追加ストーリー『つながる未来』では新たな衣装に身を包み登場。本編終了から1年後、巨神崩壊時に浮遊鉱石の含有によって空中島となった巨神肩の付近に皇都アカモートを発見し、ジャンクスに乗って巨神肩へと降り立つ。

本編主人公たるシュルクも行動を共にするが主軸にはならず、このシナリオはメリアが主人公のスピンオフ作品であると言っても過言ではない。生き残ったハイエンターたちを一つにまとめ、新たな脅威から皇都を取り戻す彼女の奮闘がストーリーの中心に据えられている。

ゼノブレイド3

「ケヴェス」という大国の女王となっている。
そして、クラウスの実験により2つに分かれた世界が1つに戻ろうとしていることを知る。
もう1つの『2』の世界の「アグヌス」女王のニアと光を用いた連絡を取り合い、世界が一つに戻った瞬間に2つの世界は消滅することを突き止める。
この消滅を回避すべく、ニアの世界のノポン技師の力を借りて「オリジン」を作り上げる。

消滅の瞬間に2つの世界のオリジンを起動させることで世界の消滅を免れる予定だったが、未来と消滅を恐れる「ゼット」により2つの世界はまじりあいながら時間が停止する。
そうしてゼットやメビウスが永遠に存在する世界・アイオニオンを維持するため、オリジンの鍵を持つメリア自身がゼットに囚われ、オリジンの所有権を奪われてしまった。

その後はメビウス(執政官)によりメリアそっくりの機械仕掛け人形がケヴェスの女王に就き、メビウスの指示のもとケヴェスはアグヌスの命を奪うようになる。

ノア達により救出された後はケヴェスキャッスルへと戻り、ゼットのコントロール下にあるオリジンに対し、キャッスルを巨大な鉄巨神に変形させてニアや各国レウニス、鉄巨神と共に戦う。

シティーにはメリアの情報がいくつか残されているようで、「ぴかぴかした昆虫、特にニジイロタガメが苦手」という何のために必要なのかわからないマニアックなものまで収録されている。

アイオニオンが生まれてから現在に至るまで1000年以上は経過しているのだが、メリアの容姿はそれほど変化していない。
長命なハイエンターとはいえここまで変化がないのは不自然であるが、ゼットにとってオリジンを掌握するためにメリアという鍵は必要不可欠なため、メリアの時間を止めていたものと思われる。


余談

  • 演じた勝田詩織は、このメリア役が声優デビューであった。
  • 作中で特に言及はないが、年齢は88歳とパーティ最高齢。しかしホムスの約5倍の寿命に換算すると10代の少女であるため、実際心理的な年齢感はシュルクたちとそう変わらないものとして描写されている。
  • 最初は彼女がハイエンターであることは明言されておらず、素性不明となっている。頭部の翼は布で覆われており、これを外すことができない。皇都に到着し立太子のシーンなどを終えて諸々落ち着くと頭部装備が自由になる。
  • メリア操作かつカルナがメンバーにいると、クエスト受注時にカルナから促され(心理的抵抗を呈しつつも)「期待して待っててね」と砕けた口調で答える。
  • シュルクリキとの戦闘終了時ボイスでは時折「メリアちゃん! リキ頑張ったも、褒めて褒めて〜!」と言うリキに対して「おぉ〜よしよし! よくできまちたねぇ〜!」と普段からは想像もつかないような赤ちゃん言葉を披露し、シュルクを軽く引かせる。
  • アイテムの反応や『モナド・アーカイブス』によれば、キャベツが苦手である。但し皇族として、食べ物の好き嫌いを言葉にすることを堅く禁じられてきたため、本編中で直接描写されることは無い。
  • 『つながる未来』での新衣装は、本編で手に入る既存の衣装よりも若干胸が大きいような印象を受けるが、実際に旧衣装の3Dモデルと比較しても変化はしていない。
  • シュルクとフィオルンがブレイドとして参戦したゼノブレイド2のDLCでは、彼女本人は残念ながら参戦しなかったが、ハナJKの衣装チェンジである「ハナJKパープルカスタム」という彼女を思わせる衣装が実装されている。


関連イラスト

メリアちゃん!メリアちゃん!!
メリアちゃん


ゼノブレつめ
101 - Melia


つながる未来

センシティブな作品
ゼノブレイドDE発売おめでとうございます!


関連タグ

ゼノブレイド ハイエンター つながる未来
シュルク ライン フィオルン ダンバン カルナ リキ キノ ネネ

ラウラカスミ:続編における「スターライト・ニー」の継承者

関連記事

親記事

ハイエンター はいえんたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メリア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メリア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3945842

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました