ピクシブ百科事典

ユニバーラゲス

ゆにばーげらす

ユニバーラゲスとはウルトラマンAに登場する宇宙生物の名称である。ここではこいつの黒幕についても記述させていただく。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマンA
第49話『空飛ぶクラゲ』登場

別名:宇宙電気クラゲ
身長:85m(触手の長さは70m)
体重:1万トン
出身地:水瓶座第3星

概要

水瓶座第3星人が母星に生息するクラゲを元に制作したとされる、頭頂部の単眼が特徴的な地球上のクラゲに酷似した宇宙生物(一応念のため言っとくが超獣でない)。
宇宙船の護衛と宇宙船への燃料の供給、そして地球植民地化のためにアクエリウスの補佐を担当しており、触手を飛行機に絡め取り、燃料を吸収し、宇宙船へと供給出来るほか、強力な電気ムチにもなっている。
宇宙船共々、黒雲カモフラージュされその内部から触手を伸ばし付近を飛行する飛行機を襲って燃料を奪い、宇宙船に供給すると共に、アクエリウスに『神の使い』だと偽り、村で暴れ回るが、最後はTACの『ビッグレーザー50』から放たれたレーザー光線を連続で受け消滅した。

水瓶座第3星人

「後の植民地開拓団のために戦え、アクエリウス‼」

データ

登場作品『ウルトラマンA
第49話『空飛ぶクラゲ』登場

CV/市川治

概要

地球を自分たちの植民地にしようとやって来た異星人。その姿は劇中確認できないが、母星の水瓶座第3星は地球によく似た環境とされることやアクエリウスの人間体が地球人に酷似していたことから地球人によく似たヒューマノイド型の宇宙人と推測されるが真偽は不明である。

宇宙船を黒雲でカモフラージュし、アクエリウスの指示を通じて太陽を遮るなどしてを演じて村人たちを欺き、洗脳し着々と地球の植民地化の下準備を整える一方、ユニバーゲラスを使って燃料補給のために付近を飛行する飛行機を襲撃し、燃料を奪って墜落事故を多発させていた。

最期はTACスペースに化けの皮を剥がされ正体を曝した後、スペースに撃墜され宇宙船ごと爆死した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユニバーラゲス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1593

コメント