ピクシブ百科事典

ユースフ・トパロウル

ゆーすふとぱろうる

小説『銀河英雄伝説』に登場する、自由惑星同盟の軍人キャラクターの1人。外伝にのみ登場し、歴史上の人物となっている。リン・パオとならぶ英雄として讃えられている。
目次[非表示]

「あんたと組めとさ。あんたが司令官で、俺が参謀長。どうだ、ひどい話だろうが」

概要

 『銀河英雄伝説』(外伝『ダゴン星域会戦』)に登場する、自由惑星同盟の軍人キャラクターの1人。30代前半で階級は中将で、生存中に元帥まで昇進している。宇宙歴640年の人物であることから、本編開始時点では既に故人となっている。
 銀河帝国が初めて大遠征した際に、自由惑星同盟軍宇宙艦隊の参謀長として就任した。総司令官リン・パオの補佐としてダゴン星域の会戦に参加することとなる。その会戦に勝利したことで、リン・パオに並ぶ英雄として同盟の歴史上に名を刻まれている。
 OVAでの映像化は1カットのみで、歴史上の人物として紹介されたにとどまる。容貌はブラウン系統の髪に鋭い視線と眉毛、神経質そうな細身の顔をしており、不機嫌さも表情から見て取れる。

人物

 30代にして同盟軍中将と言うからには、それ相応の実績を有しているのは間違いない。また帝国軍を撃破した英雄として讃えられてはいるが、人格的にはリン・パオとは別方向で問題児であった。
 女性関係に問題が多々あるリン・パオに比べ、トパロウルは『ぼやきのユースフ』との異名を持つ。何事にも不平不満と毒舌を振りまくひねくれ者、という問題点を抱えていたことから信頼関係を持つような人間はいなかったとされる。国防委員長ヤングブラッドからもトラブルメーカーと烙印を押されているほどである。
 ただし女性関係が1人もなかったわけではなく、ただ1人だけ存在していることが明らかにされている。とはいえ恋人関係とは言い難いようで、相互の通信文もラブレターとは程遠いもので、「風邪に気を付けるように」「自分は洞察力がないから、要望があるなら言ってほしい」などの実務的な内容ばかりで、ヤン・ウェンリー少佐からは「今週の努力目標、といったところですね」と評されていた。
 後世ではリン・パオとセットのように扱われているが、当人同士は嫌い合っており、「いいコンビですね」と言われる度に嫌そうな顔をしていたという。

手腕

 彼の場合は参謀長として作戦の立案等を主軸にしていたと思われる。非凡な人物であったのだろうが、やはりリン・パオと同様に帝国軍の素質が明らかにされていないと言う不安定要素から、守勢に応じる他ないと判断している。さらには意味不明な艦隊行動を分析しきれずに対応に苦慮する場面もあった。
 しかし、リン・パオが「奴らはあほうだ」と結論づけたことからトパロウルも賛同。そこからは守勢から一転して帝国軍本隊を集中的に叩く戦法に出る。最終的に包囲殲滅戦に持ち込むことができ、同盟軍の完勝を呼び込むこととなる。
 国民的な英雄と称えられる業績を上げたが、若くして位人臣を極めてしまったために、軍での居場所を失い、早々に退役に追いやられる。その後は政界に転ずることもなく、慈善団体の名誉職を務めるだけの余生を過ごした。

関連タグ

自由惑星同盟 銀河英雄伝説 リン・パオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ユースフ・トパロウル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285

コメント