ピクシブ百科事典

ラペトサウルス

らぺとさうるす

白亜紀後期のマダガスカルに棲息したティタノサウルス類の中型の竜脚類である。

概要

全長15mほどの中型のティタノサウルス類である。
名前の由来は「ラペト(伝説の巨人)のトカゲ」から来ている。
頭部からまで見つかり、ティタノサウルスの仲間としては、これまでで最も完全な化石標本である。この発見で、ネメグトサウルスクエーシトサウルスが、ティタノサウルスの仲間に含まれることが分かった。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ティタノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ラペトサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28

コメント