ピクシブ百科事典

アンタークトサウルス

あんたーくとさうるす

白亜紀後期のアルゼンチンに棲息したティタノサウルス類の大型の竜脚類である。
目次[非表示]

概要

学名:Antarctosaurus アンタルクトサウルス と表記されることが多い。
全長19~30m、体重30~50tほどの大型のティタノサウルス類である。
名前の由来は南極圏のトカゲ」と言われることがあるが、下記のように実際に発見されたのは南米であり、正確にはのトカゲ」のほうが正しい。この誤解は、本種の学名が南極と由来が同じ(古代ギリシャ語でanti-「反対の」+arktos「北」)ことが要因となっている。
南アメリカアルゼンチンで発見された、最大級の竜脚類の1つである。頭骨は高く、は短く、幅の広い口先をしていた。前足後足は、細めだったようであり、ブラキオサウルスディプロドクスの仲間にも共通する特徴もある。
タイプ種(その生物を新種として定義するための種)となるA.wichmannianusのほか、インドやカザフスタンなどから4種が追加されていたが、そのほとんどは現在ではアンタークトサウルスとは関係のない恐竜であったと判明しており、インドで発見されたものはジャイノサウルスと改名された。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ティタノサウルス類
アンタークトペルタ…正真正銘の南極で発見された鎧竜。

外部リンク

フリードリヒ・フォン・ヒューネ - Wikipedia
絶滅した動物一覧 - Wikipedia

関連記事

親記事

ティタノサウルス類 てぃたのさうるするい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンタークトサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 498

コメント