ピクシブ百科事典

マジャーロサウルス

まじゃーろさうるす

白亜紀後期のヨーロッパに棲息したティタノサウルス類の中型の竜脚類である。マギアロサウルスとも。

概要

白亜紀後期(8000万年前)のルーマニア・ハツェグ盆地やハンガリーに棲息していた。

竜脚類(カミナリ竜)とよばれる恐竜は最も大型の恐竜だが、このマジャーロサウルスは全長5~6mとキリン位の大きさしかなく、竜脚類の中でも最小級の恐竜である。同時期のフランスに棲息したアンペロサウルスと比べるとサイズも1/4とコンパクトだった。
中生代のヨーロッパは小さな島々が点在した列島であり、島という環境で棲息していたため、島嶼性矮小化(島など狭い地域で動物が小型化すること)した恐竜と言われている。この例は、ジュラ紀後期のドイツに棲息したエウロパサウルスにも当てはまる。

関連タグ

ティタノサウルス アンペロサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「マジャーロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント