ピクシブ百科事典

リトロナクス

りとろなくす

2013年に記載された、白亜紀後期の北アメリカに棲息していたティラノサウルス科の獣脚類である。ライスロナックスとも。

概要

2009年にユタ州ケーン郡のグランドステアケース・エスカランテ国立保護区ワーウィープ層から化石が見つかり、2013年に「南西部の流血王」を意味するリトロナクス・アルゲステスと命名された。全長約8メートル・体重約2.5トンと、ダスプレトサウルスゴルゴサウルスと同じぐらいの大きさだった。
発見されたワーウィープ層の年代は約8千万年前と、記載されているティラノサウルス科のなかでは層序学的に最も古い時代に棲息していたらしい。分類学上では前述した2種類よりも、ティラノサウルスタルボサウルスに近縁とされている。
同時期のユタ州に棲息していた植物食恐竜にはディアブロケラトプスなどが挙げられる。ティラノサウルスとトリケラトプスが捕食者と獲物の関係であったように、リトロナクスもディアブロケラトプスを獲物としていた可能性は十分考えられる。
両眼は立体視ができる位置についていた。
また、リトロナクスは進化型のティラノサウルス類の始祖である可能性が指摘されている。とくに1億年前から9500万年前は海水準が高く北アメリカは細長い大陸だとされている。この時期にララミディア(当時の北アメリカの西大陸)の南部でティラノサウルス類のオリジンが生まれ、海水準が下り、ほかの大陸との行き来がしやすくなった際に北上していく中で、一部がララミディアでダスプレトサウルスやティラノサウルスになり、一部はアジアへ帰り、タルボサウルスやズケンティラヌスになったらとみられている。リトロナクスはアジアに進化型のティラノサウルス類が存在した理由の仮説を立てる素材としての側面も持ち合わせている。

関連タグ

獣脚類
ティラノサウルス科
ティラノサウルス
タルボサウルス
ディアブロケラトプス

pixivに投稿された作品 pixivで「リトロナクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1766

コメント