ピクシブ百科事典

ルド・グロリア

るどぐろりあ

『スーパーロボット大戦L』で登場したオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

スーパーロボット大戦L』のラスボス。

高蓋然性世界(平行世界における地球)の統合政府の大統領であり、「こちら側の地球」では大企業「GreAT」の創始者として知られる男。
見た目は30代の男性だが、体内に実験的に投与されたナノマシンの影響で実年齢は50歳を超えている。
支配欲に取り憑かれた自信家であるが、星間戦争で荒廃して資源が枯渇しはじめた高蓋然性世界側の地球を救うべく、不断の努力をして大統領の地位まで登りつめた努力家でもある。

スパロボシリーズのラスボスでは数少ない政治家としての面を全面に出したキャラクターである。
彼の行動の動機には支配欲以外にもエネルギー不足等に苦しむ彼の世界の人間を救うと言う大義もあり、事実政治家として自国(彼の場合は世界丸ごと一つ)を最優先するという考え方そのものには間違いはない。

人物像

かつては真っ直ぐな性格であり、理想を実現すべく仲間達と共に歩んでいたものの、のちに仲間達を捨てて1人で道を歩む事になった。
その後、不断の努力で政治の世界をくぐり抜けて大統領となったが、やがて多くを求めるだけで何もしない無責任な民衆に絶望してしまい、徐々に権力欲と支配欲に染まった末に高圧的かつ独善的な人間に成り下がって現在に至る。
周囲の期待に応える一方で孤独を深め、そのループに疲れてしまったという彼は、ある意味プレイヤー部隊の少年達が憧れて目指した正義の味方のなれの果てとも言える。
前述の人間性故に彼の周りには利用価値のある協力者がいても強い絆で結ばれている仲間がおらず、それが自身の孤独に拍車をかけてしまっている。

そして自らが『こちら側達の地球』で興した大企業企業GreATの技術と部下のアンドロイドHLから記録して盗んだデータ、そしてグライフ博士を拉致して解析した技術を元に侵略を開始。
『こちら側の地球』の資源の獲得と世界支配を目論んだ。

終盤でガルトデウスに乗ってプレイヤー部隊の前に立ちはだかった。

関連タグ

スーパーロボット大戦L 南雲一鷹 AL-3アリス 悠凪・グライフ ガルトデウス
大統領 哀しき悪役

ダイマ・ゴードウィン…『正義の味方のなれの果て』と言えるスパロボシリーズのラスボス繋がり。こちらはグロリアとは色々と対照的な人物であるが「超銀河帝国と戦った後に、そこらへんのオッサンと戦えますか、ってことですよ(笑)」というダイマの伏線と言える発言をしていたがルドが今のスパロボOGに出た場合奇しくもこの発言にガッチリと当てはまってしまう(実質的には大統領なのだが自軍の規模からすると「そこらへんのオッサン」と同レベルでしかない)。

関連記事

親記事

スーパーロボット大戦L すーぱーろぼっとたいせんえる

兄弟記事

コメント