ピクシブ百科事典

レッバキサウルス

れっばきさうるす

白亜紀前期の北西アフリカに棲息していた竜脚類の一種である。
目次[非表示]

データ

名前は「レバキ(地名)のトカゲ」を意味する。全長20mほどにもなる大型の植物食恐竜である。

概要

長い頭骨、前に傾いた顔面部、のような前足後足より短いところは、ディプロドクスに似ている。背骨の上の突起が長く、のような物があったと見られる。レッバキサウルスは白亜紀前期の恐竜で、この頃は世界的に気温が高く、同じ時代と同じ地域に生息していたスピノサウルスオウラノサウルスなど、背中の突起が高く背中に帆のような物を持った者が、沢山いた。この帆の役目はやはり放熱、つまり体温を下げるものだと考えられる。帆はに当たり、帆に流れる血液が冷やされて体温を下げる仕組みになっていたと考えられる。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ディプロドクス上科
ニジェールサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「レッバキサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント