ピクシブ百科事典

ロックマンZXO~破壊神のロックマン~

ろっくまんぜくすおー

『暁〜小説投稿サイト〜』においてsetuna氏が連載しているロックマンZXシリーズを原作とした二次創作小説
目次[非表示]

概要

2020年4月17日から『暁~小説投稿サイト~』で連載がスタートした『ロックマンZX』を原作とした二次創作小説。
作者はかつて『ロックマンX~朱の戦士~』の作者であるsetuna氏。

本作は前作とは違い、転生ネタではなくZXシリーズの隠し要素を原作メインに加えたようなものとなっており、ストーリーはエール編を主体においている。

明言はされていないがおそらく、「ロックマンゼロ&ゼクスダブルヒーローコレクション」の発売を記念して書かれた作品だと思われる。

ストーリー

人と機械。

相容れぬ二つの命が生きる平和な世界。

それはかつて、一人の科学者が望み続けた理想郷。

そしてそれは英雄の帰りを待ち続けた少女の願い。

人と機械の戦争から数百年後、今でも絶えないイレギュラーの出現と襲撃によって家族を失った二人の少年と少女。

今日も運び屋ジルウェ・エクスプレスで働く二人に依頼が来てそれをこなしていたのだが…運命の悪戯か、本来の道とは違う物語。

登場人物


主人公側


エール
メイン主人公。ライブメタル「モデルX」のロックマン。10年前に親を失い、その後はプロローグにおいて幼馴染のヴァンを目の前で失った過去を持っている。後にジルウェからモデルZを託され、「モデルZX」へとダブルロックオンできるようになる。戦闘力に関してはまだまだ発展途上だが、成長が著しく単独でもフォルスロイドや復活したイレギュラーと戦えるくらいになった。大食いの描写がされているが、ZXのサブクエストのキノコで食いしん坊を自称していたりする。

ヴァン
プロローグでエールと共にイレギュラーに襲われた際に行方不明になっていたが、後に生存していたことが判明する。エリアEにてエールと本格的に再会し、フォルスロイド・ハイボルトと復活したイレギュラー・ペガソルタとの戦闘後に気絶してしまい、その後はガーディアンと組むことになった。モデルOに取り憑かれているために日常生活を送ることが難しかったが、モデルXの力で鎮静化している。

ジルウェ
エールとヴァンが働いている「ジルウェ・エクスプレス」を営んでいる青年型レプリロイドで二人のよき理解者。ガーディアン所属のライブメタル「モデルZ」のロックマン。原作ゲームでは、操られた末に死亡してしまうのだが謎のロックマンの介入でエールと共に救出される。
しかし、次の回で予想以上の重傷で戦えない体になっていたことが判明。モデルZをエールに託す。

プレリー
自警的組織「ガーディアン」の司令官である少女。本作ではモニターに映った謎のロックマンを見て遥か昔に姿を消したを思い出す。後にヴァンと協力関係を結んだことで接する機会が増え、ロックマンの姿が彼に似ていることもあって複雑な気持ちを抱いていたが、交流を重ねていくごとにヴァンのことを理解して彼の影ではなくヴァン自身を見つめていく。


敵側


セルパン
「セルパンカンパニー」の社長で恐らく本作の黒幕。ライブメタル「モデルV」を覚醒しようと暗躍している。

プロメテ
セルパン側に着いているロックマン。突然現れた謎のロックマンに逃げられてしまったものの興味を持った模様。原作ゲームの続編では皮肉な最期を迎えるが本作では果たして・・・・・・

パンドラ
プロメテの妹であるロックマン。介入してきた謎のロックマンについてはライブメタルを含めて知らない。


???


モデルO
エリアBでエールを助けた謎のロックマン。その存在はセルパン達も把握しておらず、その姿はかつてのに似ているがプレリー曰く「彼ではない」。
正体はプロローグで行方不明になっていたヴァン本人。どうやら遺跡で彼が触れたのはライブメタル「モデルO」らしく、モデルX曰く「ライブメタルと一体化している」とのことで、任意に変身解除が出来ない。ライブメタル単体での変身であるにも関わらず、モデルZXと同等以上の強さを発揮している。

余談

  • 本作はエール主体のストーリーを採用したため、ヴァンはOPステージに入る前に行方不明になってしまった。
  • 本来死亡するはずだったジルウェが生存しているため、モデルZXの登場はどうなるのかと考えられていたが次の回で本人がエールに託すという形で登場する形になった。


関連タグ

ロックマンX~朱の戦士~:同じ作者の作品。
ロックマンZX

関連記事

親記事

ロックマンX〜朱の戦士〜 ろっくまんえっくすあかのせんし

コメント