ピクシブ百科事典

「さぁ、いってみようか!」(OP1より)
(CV-山本圭子)(スーツアクター-榎本武士)

概要

大山家、小川家に居候するお手伝いのG級ロボット。
思いやりがあり、持ち前のロボ根性であらゆる逆境に負けないほど頑張る。
そそっかしいドジな性格でいつもトラブルを起こすことが多い。ゴキブリが苦手で見るたび直ぐさま暴れ出し、周囲の対物、壁などを壊す。
しかし、大山夫妻、または親子の仲を取り戻すため、さらには級友たちを助けるために敢えて、追い出される、悪ければ追放処分覚悟で意図的に実行することもある。但しこれからの行為はガンツ先生から認められており、前者は良い点数、後者は0点であるが処分はしなかった。
苦手な相手でも見捨てることが出来ず、最終的には助ける。そのお陰か何度か恩返しとして助けられることも多くなった。
また頑張り過ぎてオーバーヒートを起こしたり、爆発に巻き込まれてバラバラになったことがある。
何かに失敗すると「ウララ~」というセリフを発する。下半身から三輪に走行形態となり、中にプロペラが収納されており、それを展開して飛行することが出来る。但しガス欠で墜落するのがお約束になっている。第73話ではガンツ先生のオーバーホールを受けて四輪のロボコンサイクルに変わった。
上記の通りから「出来損ないのロボット」と呼ばれるも、決めた事は必ず成し遂げるため最終的には信頼性を勝ち取ることが多い。

エネルギー源はガソリンエンジン。

関連タグ

がんばれ!!ロボコン







































*ここからは最終回ネタバレなので未視聴の方はご注意してください。














ある日、ススムが交通事故に遭い脳挫傷となり、手術を受ける事になった。勿論ススムは受けるのを嫌がり、ロボコンですら絶縁状態になった。そこでロボコンはススムに勝負に持ちかけた。子供たちが安心で安全に遊べる広場「ロボコン村」を先に完成するか、ススムの手術が無事に成功するか。

ロビンが通っているバレエ教室の先生の手助けで、祖父が持っている山を譲渡してくれた。だが肝心の道具はロボリキロボチョイから断れたため、たった1人でロボコン村を作ることにした。
ガソリン代もススムの手術費のためにアルバイトで稼ぐことにした。ボディが泥だらけになりながらも必死で切り株や岩を撤去するロボコン。この光景を見た小川家とロビン。そして、ススムは自分や子供たちにがんばるロボコンの姿に憎まれ口を叩きながらも、手術を受けることに決心した。ようやく息子が決意を固めたことで小川夫妻はロボコンに感謝した。

手術は無事に成功。同時にロボコン村も完成した。

採点時間が始まり、ロボコンはいつものように採点カードをガンツ先生に渡し、口を入れる。今度こそ100点間違いなしに張り切るロボコン。メーターが徐々に上がり、100点……と思いきや200、300、400まで上がり、さすがのロボコンも戸惑ってしまう。
結果は……
「ロ~ボコン…500点!」
排出したカードから500のマークが出てきた。いくらなんでも多すぎると断るがガンツ先生は理由を答えた。
「ロボコン村の発想が素晴らしい。ロボコン、お前は自分の全てを1人の少年の命を賭けた。そして見事に少年に生きる勇気を与えた。これぞロボットの使命なのだ。500点でも多過ぎはしない」
さらにガンツ先生はロボコンにロボコン村の村長に任命。日本中の子供たちが健康に健やか成長するために手助けする役目を与えた。そうロボコンは卒業したのだ。それだけでなく優秀なロボットとして評し、その証として「スーパーダイヤモンド大賞」を贈呈した。生徒たちから祝福され、ロビンはバレリーナ星に帰らず、ロボコン村でバレリーナ教室を開くことに決めた。

開店当日、小川家や大勢の人たち。ガンツ先生とロボット生徒のみならず、ブラジルから遙々やってきたワルガキ兄弟も訪れ、町田巡査も入園。
アスレチックで遊ぶ小川家やロボット。バレボールで遊び、自転車で走る回る人たち。ロビンと一緒にバレリーナの練習する生徒たち。

「ロボコンの尊重ぶりに板についておる。他のロボットたちも楽しいそうだ。みんなそれぞれ成長した……これで安心だ…うん、安心だ」
この素晴らしい光景にガンツ先生は感動した。

こうしてロボコンは2年半年に及ぶ奉仕生活も終わり、新しい人生にスタートした。
最後にテレビを見ている子供たちにメッセージを送った。
「やぁ!どうもどうも、君たちもね、ロボコン村に遊びに来てね。オイラ待ってるからね~じゃぁね~バイバイ!」

関連記事

親記事

がんばれ!!ロボコン がんばれろぼこん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロボコン(がんばれ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5535

コメント