ピクシブ百科事典

ロボロフスキーハムスター

ろぼろふすきーはむすたー

哺乳網・ネズミ目(げっ歯目)・キヌゲネズミ科・ヒメキヌゲネズミ属の動物。ロシアンハムスターとも言う。
目次[非表示]

概要

ノーマルカラーのロボロフスキーハムスターは、背中が茶色く、お腹が白く、目の上にまゆ毛の様な白い模様がある。
他にも、全身が白いホワイト
背中の茶色の面積が少なめのパイド
背中がうすい茶色で、顔全体が白いホワイトフェイス。など、他にも様々なカラー
が存在する。

体長

7~10cm

体重

15~30グラム
体はハムスターの中では一番小さい。

性格

一般的に飼われているハムスターの中では、臆病な方(ただし、個体による)。そのせいで、中々懐かない個体が多く、あまり手乗りには向かない。
警戒心が強く、動きが素早いので走り回るための大きなケージ]と脱走されないための工夫が必要である。 ハムスターの中では、比較的、複数で飼いやすい。ただし、ハムスター同士の相性がよくなければけんかになり、怪我を負ってしまい、最悪の場合どちらか片方が死んでしまう。多頭飼いをする場合は要注意である。

名前の由来

フセーヴォロド・イヴァナヴィチ・ロボロフスキー氏が発見したという説
Roborovskyという地名とKozlovという探検家にちなんで名づけられたという説がある。
なぜか、ロボロフスキーハムスターを示すロシア語がない。

生息地

カザフスタンモンゴルロシア

関連タグ

げっ歯類 かわいい

関連記事

親記事

ハムスター はむすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロボロフスキーハムスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 539

コメント