ピクシブ百科事典

クロハラハムスター

くろはらはむすたー

クロハラハムスターは哺乳網・ネズミ目(げっ歯目)・キヌゲネズミ科・クロハラハムスター属の動物。 ハムスターの中で一番大きい。ヨーロッパハムスターとも言う。
目次[非表示]

概要

その名の通り、見た目は腹が黒く、背は茶色をしており、正面の顔がゴールデンハムスターと似ており、ゴールデンハムスターよりも体が大きい(ゴールデンハムスターは約15cm、クロハラハムスターは約30cm)。
見た目だけはかわいらしいが、かなり凶暴な性格で危険を感じると二本足で立ち、鳴きながら噛みついてくる。もし噛まれると血が出る程の大きな怪我を負ってしまう。

体長

20~30cm

体重

700~1000g

ペットとして

クロハラハムスターはハムスターブームの際、日本に輸入され、一躍注目を浴びた。しかし、凶暴な性格故、ペットとして定着はしなかった。

生息地

ヨーロッパから西シベリア

寿命

クロハラハムスターの寿命は8年と言われているが、実際は2~3年である。他のハムスターと寿命は変わらない。

関連動画


関連タグ

ハムスター げっ歯類

関連記事

親記事

ハムスター はむすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロハラハムスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1128

コメント