ピクシブ百科事典

ワギャン

わぎゃん

ワギャンとは、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が制作したエレメカ、及びゲーム「ワギャンランド」シリーズに関連するキャラクター。緑色のメカメカしい怪獣。
目次[非表示]

解説

ワギャンとは、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が、1987年に制作したエレメカであり、
また本ゲーム機や、ゲーム「ワギャンランド」シリーズ等に登場する、キャラクターのことである。

時代や作品によって設定が異なるが、
概ね「緑色をした、外見がロボット風の怪獣」という共通点を有している。
ただし、体色に関しては、作品によって異なる場合もある。

エレメカ「ワギャン」

ワギャン


 1987年にリリースされた業務用ゲーム機(エレメカ)。
檻の中に閉じ込められたワギャンに向かって、大声で叫ぶゲーム。
プレイヤーの声の大きさによって、ワギャンのリアクションが変化する。

 なお、エレメカ時代のワギャンは、
後述する「ワギャンランド」シリーズ等のワギャンとは、
生意気な性格である事、南海の孤島「大怒島」で発見された怪獣である事、
ワギャンが「大声を発する」のではなく、ワギャンの方が「大声で懲らしめられる」点が異なる。

「ワギャンランド」シリーズのワギャン

ワ、ギャ、ガー


1989年に第1作がファミコンでリリースされ、
ファミコン時代後期~スーパーファミコン時代にかけて、
続編タイトルが制作され続けた、ナムコ往年の人気シリーズ。
ミニゲーム「しりとり」が、色々な意味で非常に有名なゲームである。

 エレメカ時代のワギャンとは、ワギャン自身が大声を発するようになった事、
ゲームのタイトルでもある、「ワギャンランド」という島で、仲間と暮らしている事、
家庭を持っている事など、異なっている部分が多い。

「ワギャンパラダイス」のワギャン

3つのランプが光る順番を覚えて…。


 1994年にスーパーファミコンでリリースされた作品。
「ワギャンランド」シリーズから、キャラクターデザインやミニゲームが一新されている。
実は、後に「風のクロノア」シリーズを手がける事になる人物の多くが、
本作に携わっている事は、知る人ぞ知る話。

 本作ではスタンダードなワギャンを踏襲した「タクト」と、
リボンが特徴的なタクトの妹「カリン」を、プレイヤーキャラとして選択できる。
タクトは移動速度が速く、カリンは音波攻撃の効果時間が長い。

「ちびっこワギャンの大きな冒険」のワギャン

旧ワギャンと新ワギャン


 2009年にNDSでリリースされた作品。現在もっとも新しい作品となる。
DSならではのタッチパネルを使った仕掛けや、ミニゲームが盛り込まれた。
「ワギャンランド」シリーズで好評だったミニゲーム、「しりとり」も復活している。

 本作のワギャンは秘宝「シルスベ」の守護神という設定になっており、
作中で神様として崇められている。ボーッとしていて、何を考えているか分からないが、
性格に反して頭はいい。

関連タグ

ナムコ エレメカ ワギャンランド ワギャンパラダイス

大声繋がりで結びついてしまったようです

幽谷響子(ワギャーテー)

pixivに投稿された作品 pixivで「ワギャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209390

コメント