ピクシブ百科事典

ヴルカノドン

ぶるかのどん

三畳紀後期~ジュラ紀前期のジンバブエに棲息していた竜脚類の一種。ブルカノドンとも。
目次[非表示]

データ

最も原始的な竜脚類とされる恐竜で、名前は「火山の歯」という意味(火山性の地層から見つかったため)。
 
全長は6.5mほどと竜脚類としては小型だが草食恐竜としては中型。
体重750kgほどと見られ、大きさの近いゾウよりもかなり軽かった。

概要

草食恐竜だが歯はまるで肉食恐竜を思わせ、骨盤の構造も古竜脚類を思わせる原始的な特徴を持つ。
 
しかし竜脚類の基本的な特徴はある程度揃っており、真っ直ぐ伸びた、特に長い前足の位置が高い点等が挙げられる。

関連タグ

恐竜 竜盤類 竜脚類

関連記事

親記事

竜脚類 りゅうきゃくるい

兄弟記事

コメント