ピクシブ百科事典

三好長逸

みよしながやす

三好長逸とは、阿波の戦国大名三好家に仕えた武将。生没年不詳。三好三人衆の筆頭。三人で一括りにされてしまうため個人としては地味。あと名前が地味に読みにくい。
目次[非表示]

概要

生年は不明。ただし父とされる(これもはっきりしない)長則が1520年に戦死しているため、それ以前に生まれたと推測される。三好長慶の従叔父として活躍。管領・細川晴元やその側近の三好政長と争った際は、敵将・香西元成を撃退している。他にも播磨の別所家攻めや、丹波の波多野家征伐などで三好家の勢力拡大に貢献する。長慶の側近として重きをなしており、長慶の弟である三好義賢や、松永久秀よりも先に従四位下に叙せられている。

長慶とその嫡男義興の死後は、長慶の弟・十河一存の子で、幼くして当主となった三好義継を他の三人衆や久秀と共に補佐する。その後、三好家の障害となっていた足利義輝を四人で共謀して暗殺している。しかし、家中の主導権を巡って久秀と対立。嫡男を失いながらも彼を大和一国に封じ込め、戦局を有利に運んだ。更に、義輝の従弟に当たる足利義栄を14代将軍に就任させている。

しかし、織田信長が足利義昭を担いで上洛すると、機内の所領を失って阿波に退散することとなる。それでもその翌年には篠原長房らと共に四国における三好軍をまとめあげて再起を図り、信長包囲網に参加して一時的に織田軍を摂津・河内から駆逐する成果を上げた。その後、一度は和睦するも再び信長包囲網に参加。ここにきてようやく三好家中が反織田で統一されたが、長きに渡る内部抗争で三好家は弱り切っていた上、包囲網の主力であった武田信玄が病死したことで包囲が破綻。長逸は、1573年に摂津中嶋城にて信長が派遣してきた軍勢と戦い、敗北して城を逃れて以降の消息は不明。戦死説、隠居説、幽閉説などがあるがどれも定かではない。

逸話

外国人保護に積極的で、京から追われたヴィレラやフロイスら宣教師たちに護衛をつけ、通行税も免除している。このことからフロイスは、自著の『日本史』内で長逸を「異教徒」でありながらも「生来善良な人」「教会の友人」と評している(同じ三人衆でも正康と友通は逆に「神の掟の敵」と記されている)。1566年にも長逸について記録していて、「天下の4人の執政のうちの1人(三人衆と久秀のことと思われる)」、「堺市内にきわめて豪華で立派な邸宅を有した」などと長逸を記している。

関連タグ

三好三人衆

pixivに投稿された作品 pixivで「三好長逸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3073

コメント