ピクシブ百科事典

九九式狙撃銃

きゅうきゅうしきそげきじゅう

九九式小銃の狙撃銃形。ベースとなった銃によって長小銃形と短小銃形がある。
目次[非表示]

諸元

全長1,118mm(短小銃型)
1,258mm(長小銃型)
銃身長657mm(短小銃型)
797mm(長小銃型)
重量 3,800g(短小銃型)
4,100g(長小銃型)
口径7.7mm
使用弾薬九九式実包
装弾数5発



概要

九九式狙撃銃は旧来の九七式狙撃銃の後継として製造された7.7mm口径の狙撃銃である。
製造された九九式長小銃及び九九式短小銃の中で射撃試験の結果が特に優秀な個体を選び、銃床等を念入りに仕上げた上で狙撃眼鏡を取り付けて配備された。
九九式長小銃ベースの狙撃銃は、長小銃自体の製造数が少ない為極めて少ない。

通常型との相違点

九九式狙撃銃はあくまで狙撃銃として専用に製造されたものでは無く、量産品から選抜したものであった。
その為、長小銃型や短小銃型の他に、モノポッドの有無、フロントバンドの形状の違い、対空サイトの有無などバリエーションは多彩であった。
狙撃銃としての特徴は次のとおり。

槓桿

槓桿は下向きに曲がった専用のものが使用された。
当然、九九式小銃として製造されて射撃試験を受けた時とは異なるものだが、精度を損ねず確実に操作できるよう調整されていた。

「九九式狙撃銃」の一部。


狙撃眼鏡

狙撃眼鏡は工具を使わずに容易に脱着ができた。
装着場所は、左側に大きくオフセットしほぼ機関部の横と言っても過言ではない場所にに取り付けられた。
これは銃弾を装填する際に挿弾子を真上から差し込むので、それを避けるためであるが、同じく真上からの装填が必要なM1Dなどと比較しても大きくオフセットされている。
このため、狙撃眼鏡を使用する際には頬付けが困難である。
倍率4倍の九九式狙撃眼鏡と少数の銃が倍率2.5倍の九七式狙撃眼鏡を装着した。
狙撃眼鏡は東京第一造兵廠の他、日本光学東京光学榎本光学富岡光学東京芝浦電気(マツダ銘)高千穂光学等の民間企業で製造された。
九九式狙撃眼鏡のレティクルは、九七式狙撃銃と弾道特性が異なるため新たな様式を採用している。
レティクルの調整はごく少数試作された物を除けば調整は不可能で、射手は距離や環境に応じてレティクル上の目盛りのみで修正しなければならなかった。しかしながら、鏡胴の気密性は極めて良好で製造から70年以上経過した現在でも光学系に問題がない個体は多い。
通常の九九式小銃の照星と照門は残され、狙撃眼鏡の故障時やごく近距離の射撃時は通常型と同じように扱うことができた。

銃床

銃床は、特に念入りにフィッティングが施された。精度の向上には明確な効果があったとされている。
しかしながら、機関部と銃身先端部の2箇所で固定していること、銃身そのものが細い事等から、湿度変化で曲がる被筒の影響を受けやすい。但し、これは同時期の狙撃銃全てに共通することで九九式狙撃銃に限った問題ではない。

関連タグ

九九式短小銃 九九式長小銃 狙撃銃 大日本帝国陸軍

この記事のカテゴリ

小銃 機械 大日本帝国陸軍

pixivに投稿された作品 pixivで「九九式狙撃銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1292

コメント