ピクシブ百科事典

二ノ宮リョウ

にのみやりょう

二ノ宮リョウとは 「この醜くも美しい世界」に登場するキャラである。 ※ここでは、原作(以後:アニメ版)とコミック版の違いも表記する
目次[非表示]

CV瀧本富士子

概要

地球側の主人公その2。 竹本タケル西野マリ達と同じ明時高等学校に通う高校二年生。 両親は事故で亡くなってしまったため、現在は妹と二人で生活している。 西野バイク便でアルバイターとして生活費を稼いでいる。

容姿端麗で落ち着きのある性格で、クラスの紅林浴香漆島桜子女子達から「リョウ様」という愛称で慕われている。

物語序盤では、タケルと共に水泳部のプール掃除の手伝いをするのだが その際に浴香と桜子から『タケル君といつもつるんでいるのが不思議』と問われた時に『そりゃあ、俺 タケルのこと好きだから』(変な意味ではない) その後に『もちろん、浴香と桜子もね』と付け加えた。 そこから『水泳部の皆も、サッカー部の皆も、クラスの皆も、この間咲いたアサガオも、干した布団の匂いも、近所のタマも、二日置いたカレーも、妹の紀美も・・・』と連ねて言った。(タケル曰く『リョウの好きには、見境がない』とのこと)

夕方、タケルの下宿先で語らう。 その際に彼が『俺の周りの女は・・・口うるさいやつばっかりだ』とボヤいた時に『じゃあ、【タケルの理想の女の子】ってどんな子なの?』と問うと
『そうだなぁ、桜子よりも髪はサラっとしていて・・・浴香よりもスタイルよくって・・・マリみたいにうるさくなくて・・・』と挙げられたポイントを上手く抑えてスケッチブックに描き起こす。

その後、タケルと旧道でも語り合う。上昇志向がない一丁を『やればできるはずなのに・・・』と言うタケルの発言に対し『【今のままで十分】なら、【背伸びしなくていい】ってことでしょ?いいんじゃない? 前に進もうとするばかりが正解とは限らないんじゃないかな? でも、タケルのそういう所・・・好きだよ』と語っている途中で謎の光と遭遇する。


 光は空中で二つに分かれ、片方は付近の森に落下した。


正体を確かめるべくタケルと共に森に入ると、光の中から不思議な少女<ヒカリ>と彼女を狙う謎の巨大生物を目の当たりにする。 彼女を助けるべく、タケルがバイク便で使用しているバイクで体当たりを仕掛け一時的に撃退しヒカリを連れて森を抜ける。(詳細はヒカリを参照されたし

『なんとか・・・追っ払えたね・・・』


『お前・・・やる時は、やるなぁ・・・』


明くる日、ヒカリについての西野家会議に出席。タケルが西野一家とクラスメート達に説明していることを素直にそのまま『でも俺達、嘘は言っていません』と一言だけ発言。

 晩御飯の前に、ヒカリが「タケルと会ったことで変化したこと」を尋ねたり 『タケルのことが好きなんだね』と話が弾むが 夜になるとヒカリの服を完成させようとする一行達に帰宅を告げた。その次の日、ヒカリが突然いなくなったためタケル達と捜索する、何とかその日のうちに無事に発見し事なきを得た。

そして、梅雨のある日 湖で不思議な少女と出会う。 その少女が気になって毎日会いに行き【二人の木陰】ともいえる時間を過ごしていくのだが、普段休むはずがないバイトを休んだり、どこかいつもとは違う雰囲気を纏っていた。 (ヒカリは『何だか、いつも悩んでいるみたい』と受け止め、その行動を『それはきっと、【誰か】を待っているのかもしれませんね。 そう、まだ会った事のない【誰か】に・・・』と推理した)


ある日、その少女に『いつまでも、この森にいてはいけない』と言い放つ その理由を問われると『君には まだ見て欲しい世界がたくさんある、会って欲しい人達もいる』

それは「森で生活していけるのなら、その方がいいのは解っているけれど・・・」と内に秘めていた思い。

 そして、少女が気にしていた『その「白く輝くアカリ」は、君自身のことだと思うんだ』と告げるとアカリの相棒のクオンを救出にするが、アカリが風邪をひいてしまったため二ノ宮家に連れて行き、事情を妹の紀美に説明したが一緒に住むことについては『よし』とは言ってくれなかったが、アカリと【これからの人生】について二ノ宮家で会議を行うと無事に住むことになった(詳細はアカリを参照されたし)

物語中盤、夏期休校期間中では「ヒカリとアカリを色んなところに連れて行こう!」という企画で山へキャンプヘ向かう。 スケッチを行いながらキャンプを楽しみ、食事では二ノ宮一家と「微笑ましくも美しい光景」を生み出し、肝試しでは吸血鬼のコスプレをした。(が、トラブルによりお披露目されなかった。)

海水浴では、一丁の海の家の手伝いに駆り出されるが突如現れた龍型の巨大生物と戦闘を繰り広げるタケル達を静かに見守る。 タケルが巨大生物にとどめを刺そうとした瞬間、衝撃波を巻き起こし対象を気絶させる能力を披露した。

盆祭りでは、タケルに『人の気持ちは、溶けかかったアイスのように突然動きだしてしまうもの』とアドバイスしヒカリとの間が進展したことを間接的に見抜いている。

後日、タケルが購入したバイクの修理を手伝っている礼を受けると『俺達、親友だろ?それに・・・俺達【捨てられっ子】同士!』と答える。 そして、タケルから『不思議な能力(チカラ)があるのか?』と尋ねられると『能力(チカラ)? あるよ、俺にも』と素直に回答し その能力を明かす それは『食玩がダブらずコンプリート』 『棒アイスで当たりが連発』(その日、仲良く三人で寝込んだ)『あっち向いてほいで連勝』 『じゃんけんで連勝』など





物語終盤では、殲滅者として覚醒したヒカリを阻止するべく立ち向かおうとするアカリを彼女から授かった能力で止め、更に忌まわしき過去(詳細は竹本タケルの項目を参照されたし)に苦悩するタケルを助けるために能力を使う。 自身の両親のことを打ち明けた。



『紀美には、二人とも事故で死んだって伝えてあるんだ。 俺達を捨てたなんて聞いたら、紀美が寂しがってしまうから・・・』と打ち明ける。


そして、ヒカリとの関係を解決へ導くためタケルを支える



『ヒカリは、お前から逃げることはできない。 だって、ヒカリは お前の心から生まれたのだから』と そして『タケルに捨てられたら、ヒカリはどうなる? タケルなら解るだろう!?』

<自分の親が、自身を置いて何処かへ去ってしまった>恐怖を今度は「大好きな人」に味あわせてしまうことを教え 彼に【ヒカリと向き合う決意の火】を灯し、復活させ 彼の背中を押した。








事件の後、紀美に真実を伝える


『紀美は、父さんや母さんに会いたい?』

『え?何で? だって、二人とも死んじゃったって・・・』

『それは、嘘。 二人ともどこかで生きているんだ・・・』

『ごめんよ、紀美。 俺はお前にずっと嘘を・・・』

『・・何で! 何で、そんな大事な事を言ってくれなかったのよ!! そんなの・・・会いたいに決まってるじゃん!!』

『そのことは、アカリにも怒られたっけ・・・本当、バカな兄貴だなぁ 俺は・・・』

その後は、残された夏期休校期間を使って紀美と二人で両親を探す旅に出る。 元気になった妹を見ながらタケルに『あれでも、結構泣かれたんだ』と伝え、出発する。




コミック版では


ポジションは変わらないが、タケルの親友としてのベクトルともう一人の主人公としてのポジションが強く出ている。  ※アニメ版といくつか異なっている。

  • スケッチを見せる相手がタケルだけではなく、浴香と桜子も一緒。アニメ版同様タケルに『タケルの【理想の女の子】ってどういう子なの? ひょっとして・・・ボク?』とこの一回だけボクと言っている。 難しい注文に従い描き起こしたスケッチは髪を下したヒカリではなく、髪を結ってある制服姿のヒカリだった

  • ヒカリと出会った時に、タケルに『スズメかツバメに改名する? 名付け親はタケルなんだから』と提案する場面が加わる。 巨大生物にバイクをぶつけるシーンはカットされ、タケルに『ヒカリを送ってあげて』と気遣い旧道で降りるシーンに変更されている。

  • タケルが怪獣と戦い、左腕が剣に変わったことを語るが それを『俺は信じるよ』と素直に受け入れた。

  • 西野家にて行われた会議で、ヒカリの心境の結論を語る役を西野澄恵に渡している。

  • アカリと出会うのも比較的早い段階で、二ノ宮家に引き入れる展開も異なる

  • アカリが二ノ宮家で住むか否かの会議は、二ノ宮家内で行われ解決した。(アニメ版ではアカリの風邪が完治した後、西野家のタケルの部屋で会議を行ってから)


  • ジェニファーに盗聴用のマイクを仕込まれていた時に『そこは、ツッコんでよ』と言われるも『ツッコミを入れるのは、紀美の役なんで』とあくまでも自分はボケ担当であることを告げている場面がある。

  • タケルがED覚醒体の意識に取り込まれかけているのをアカリから貰った能力を使って命がけで救出する場面があり、更に彼にED覚醒体の能力の正体を打ち明ける。

  • ヒカリの世界を天秤にかけて苦悩するタケルに『たとえ世界中の人が敵になっても、俺はタケルの味方だから』と支える。 (なんだこのイケメンヒーロー


ドラマCDでは


ドラマCD1「DAY TIME」に収録されている物語【戦国昼メロ草子~イケメンヒーロー~】の主役に抜擢される。


ドラマCD2「NIGHT TIME」に収録されている物語【憩の我が家】でアカリと共に主役を貰う。
夏休みの課題をやるためにタケル達を招いたが、その時に聴いた言葉に思わずショックを受けてしまい落ち込んだ紀美を元気づけるためにアカリと二人である作戦を行い 紀美を元気づけることに成功した。 ※ブックレットには紀美、アカリと共に料理をするイラストが描かれている


この醜くも美しい世界ビジュアルブックでは


二ノ宮リョウを演じた瀧本富士子のお気に入りキャラとしてあげられている。 曰く『願った事を実現できる能力があるから』

漆島桜子を演じた水野愛日のお気に入りキャラとしてあげられている。 曰く『あの若さで、あの落着き、優しさ・・・クラスにいたら絶対に憧れちゃいます!』




呼ばれ方

コミック版での呼ばれ方は、☆をつけて表記

リョウ:タケル、晋一、大治郎、アカリ、ヒカリ☆
リョウさん:ヒカリ
リョウ君:マリ、澄恵
リョウ様:浴香、桜子、クラスメイトの女子生徒一同
お兄ちゃん、バカ兄貴:紀美

コメント