ピクシブ百科事典

今井勝俊

いまいかつとし

「今日から俺は!! 」に登場するキャラクター
目次[非表示]

概要


作中に登場する紅羽高校の番長さん。身長は190センチを超えてデカい。とっても頑丈な男で「これ死んじゃうんじゃないの?」という攻撃を受けても、しばらくするとケロっとしている。本人曰く「普通の奴なら10人くらい倒せる」らしい。

三橋と対立関係にあるが、実際はオチョくられているだけだったりする。三橋と伊藤からは「バカ」「ウマ」「ロバ」だの散々な言われよう。

(しかしバカにしてる伊藤も「そんな事いってる場合じゃねーんだよ、みてみろよあの太陽を」と今井にオチョクられたりしているという)


性根が腐っているヤンキーが集まる紅羽高校にあって癒し系。子分には谷川と小山がいる。


「冷凍車の荷台に侵入して京都に行く」「軽井沢までバイトに行く」「開久にケンカを売る」「ヤクザにケンカを売る」などなど豪快な人物。ただその全てが悲惨な結果に終わるために周囲からは「バカ」としか思われない。


女性に対しては積極的。理子に告白したり、小山に女を紹介してもらったり、軽井沢で色んなお姉さんと仲良くなったり。しかし例によって全滅。26巻にて涼子が出現するまで不毛な高校生活を送るのだった。


今井のギャグは基本スベる。谷川にすら受けなかったりする。


実は連載中の人気投票では2位。


今井の輝かしい戦歴


〇今井の勝利 △決着つかず  ×今井がやられた


△三橋 1巻
いきなり三橋を殴って一発入れる。その後であっという間に三橋に2発入れられて倒れる。だが今井曰く「かゆくもない」そうで、三橋のパンチはあまり効いてなかった。


△三橋 3巻
鞭を使って三橋を圧倒。しかし注目を集めてしまって戦いは中断。その後、三橋から「スーパー不意打ちクラッシュ」をもらうも、瞬時に態勢を立て直す。しかし崖から落ちて大けが。


×相良 5巻
後ろからいきなり相良に角材で殴られる。その後は勝負にならずボコボコにされる。


×智司 5巻
相良にボコボコにされた後に、智司に挑む。しかし喋ってる最終に殴られて2発で倒されてしまう。それでも智司を引き留めるためにズボンのすそを引っ張る。三橋VS智司の最中にケロっと復活した。


×△黒崎 7巻
試合では一方的にボコボコにされる。路上で黒崎を待ち伏せにするも、伊藤に勝負を横取りされる。路上の喧嘩では黒崎に勝てる自信があった模様。


△三橋 8巻
駅のホームで三橋と勝負。今井の攻撃をよけにまわるだけの三橋に一発も当てられないが、逆に三橋の蹴りもかわした。しかし三橋が冗談でしかけた罠にハマって東京行きの列車に飛び込んでしまう。


△三橋 9巻
京都で出会った三橋と喧嘩。互いに殴り合うもギャラリーから「もてない男同志」としてバカにされて戦い中断。三橋と意気投合しそうになるが、一瞬で元通り。


×三橋 9巻
酔っていい人になった三橋をこき使う。しかし頬をちょっと叩いたら、急変して鬼の表情になった三橋にビビる今井。釈明してる最中に強烈アッパーをくらい一方的にボコボコにされる。

×相良 9巻・10巻
いきなり強くなっていた相良の攻撃に反応できず、累計6発ほど殴られてしまう。しかし割と元気。一発殴り返して胸倉をつかんで形成逆転するも、相良に小指に関節技をかけられて壊される。その後は勝負にならずグチャグチャにされてしまう。


〇小山 10巻
小指を負傷してる状態で喧嘩するハメに。思いきり小山の腹を殴るが、まったく効かず。逆にアイアンクローをかけられて気絶しそうになるも、小山を投げ飛ばす。


△中野 13巻
一方的に難癖つけて中野に殴りかかるも強烈なカウンターをもらう。手強いと判断して自転車を持ち上げて襲い掛かるが、ペダルが自分の後頭部に激突して自滅。


〇矢坂 19巻
襲いかかってきた矢坂を圧倒。完全勝利。


△隆夫 19巻
パンチをあっさりよけられて、逆に強烈な蹴りを腹部にもらう。内心でちょっと焦った今井だが、堪えて隆夫を投げ飛ばす。しかしその後3対1になったために決着はつかず。


×大嶽 22巻
喋ってる最中にいきなり大嶽に蹴られて吹っ飛ばされる。鞄を大嶽の頭に当てて引き留めるが、その後で殴られて気絶した模様。ただ本人は「不意をつかれただけ」と判断している。


×北山 37巻
左手しか使っていない北山に完全敗北。タフさで相当粘るも、なにもできず。三橋曰く「腕力大王の今井じゃちょっとキツイ」相手だった模様。



関連イラスト

カイバ王今井



関連タグ

今日から俺は!!

関連記事

親記事

今日から俺は!! きょうからおれは

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「今井勝俊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198947

コメント