ピクシブ百科事典

伏見宮邦忠親王

ふしみのみやくにただしんのう

伏見宮邦忠親王とは江戸時代中期の皇族。伏見宮16代当主。
目次[非表示]

概要

伏見宮貞建親王の第一王子、幼名は阿古宮。

プロフィール

続柄伏見宮貞建親王の第一王子
称号円定明院
出生享保16年12月23日(1732年1月20日
死去宝暦9年6月2日(1759年6月26日
父親伏見宮貞建親王
役職兵部卿


経歴

寛保2年(1742年)に桜町天皇の猶子となり、翌年寛保3年(1743年)に親王宣下し、邦忠と命名される。同年11月に上野太守任ぜられる。宝暦4年に(1754年)に父貞建親王が薨去し、宮家を相続する。翌年宝暦5年(1755年)兵部卿に就任。宝暦9年(1759年)6月2日に死去。法名、円定明院

外部リンク

伏見宮邦忠親王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 江戸時代 伏見宮

第15代伏見宮第16代伏見宮第17代伏見宮
伏見宮貞建親王伏見宮邦忠親王伏見宮貞行親王

関連記事

親記事

伏見宮 ふしみみや

兄弟記事

コメント