ピクシブ百科事典

伏見宮貞行親王

ふしみのみやさだもちしんのう

伏見宮貞行親王とは江戸時代中期の皇族。伏見宮17代当主。
目次[非表示]

概要

桃園天皇の第二王子、母は一条富子一条兼香の娘)

プロフィール

出演作品桃園天皇の第二皇子
出生宝暦10年2月24日(1760年4月9日
死去明和9年6月20日(1772年7月20日
父親桃園天皇
母親一条富子


経歴

宝暦9年(1759年)6月伏見宮邦忠親王が薨去したことで伏見宮を相続。宝暦13年(1763年)に親王宣下をする。同年に貞行と命名する。明和9年(1772年)に二品と叙せるが、同年に薨去。享年13。

その他

伏見宮貞行親王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 伏見宮 桃園天皇

第16代伏見宮第17代伏見宮第18代伏見宮
伏見宮邦忠親王伏見宮貞行親王伏見宮邦頼親王

コメント