ピクシブ百科事典

兎用心棒

うさぎようじんぼう

日系アメリカ人アメコミアーティストことスタン坂井のアメコミ作品
目次[非表示]

作品について

日系アメリカ人アメコミ作家ことスタン坂井が1984年に発表したアメコミ作品であり、本国アメリカではTMNTことミュータントタートルズともコラボされた経験があるほど根強い人気がある。

概要

物語の舞台となるのは江戸時代初期(17世紀初頭)の日本だが、そこでは人間の代わりに擬人化された動物が住んでいる。主人公ミヤモト・ウサギ(宮本兎)はの浪人で、用心棒として路銀を稼ぎながら武者修行の旅を続けている。 ウサギは実在の人物である宮本武蔵をモデルにしているが、作風や物語に直接影響を与えているのはセルジオ・アラゴネス によるコミックブック作品『グルー・ザ・ワンダラー』こと英訳された劇画作品子連れ狼であり、黒澤明監督の映画作品である。

シリーズの主体は一話完結の短編であるが、数章にわたる長編も時おり刊行されている。個々の作品はより大きなプロットの中に位置づけられ、多くの支流を持つ長大な物語を成している。 作品の多くは日本史や日本民話に題材を取っているが、妖怪変化の類が登場することもある。 建築・衣服・武器その他の文物は忠実に当時の様式を模して描かれており、 日本の美術・工芸(刀剣陶芸など)を紹介することが主眼の話も多い。 また、キャラクターの名前は日本式に名字-名前の順になっている。 これらの試みが功を奏して、1990年には"巧みに織り込まれた史実と伝説"の教育的価値に対してParents' Choice Awardが贈られた。

その他

2007年から翌年まで週刊少年ジャンプ連載された福島鉄平サムライうさぎはその名の通り武士のうさぎと言う風にタイトルに書かれている影響からか、兎用心棒のパクリとマニアから噂されたことがある。
他、梶原あやの殺し屋ジョージも主人公が何故かへっぽこで全くダメなろくでなしの擬人化された忍者のうさぎキャラクターであるにんじゃうさぎが途中から主人公になるといういい加減な内容からして同作品も兎用心棒のパクリではないか?とごく一部のマニアからうたがわれていた。

関連イラスト

最後の戦い
兎さん



関連タグ

スタン坂井

pixivに投稿された作品 pixivで「兎用心棒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57

コメント