ピクシブ百科事典

サムライうさぎ

さむらいうさぎ

『サムライうさぎ』とは福島鉄平によるサムライの漫画である。
目次[非表示]

概要

本作品は15歳の下級武士の夫婦を軸にした時代劇である。

下級武士の視点で江戸時代を描いた本作品では、上級武士が権威や規範としている「武士道」というものを懐疑的に描いている。

江戸時代の風物については都度解説が挿入されているが、「侍」を題材に扱ったマンガでありながら、この作品内で登場する剣術は現実の剣術作法とは異なっている。

あらすじ

時は江戸時代。士農工商の身分制度の頂点という位置とは裏腹に、多くの侍は縦社会の圧迫や体面にとらわれて厳しい生活を送っていた。立派なサムライを目指す宇田川伍助は、理不尽な理由から父と兄を次々に失い、家を継ぎ上司の機嫌を気にしながら働いていた。だが先輩の紹介で志乃と結婚し、出世して妻を楽にさせてやるため剣術道場で腕を磨いたりと、大変ながらもそれなりの日々を過ごす。しかし、身に着けた剣術が身分の差のために他人の昇進の踏み台にされる現実を知り絶望する。悔しさに思い悩む日々の中、志乃の見せた自由奔放な姿や言動から、窮屈な侍の世界に見切りをつける。志乃のため、自分のために、くだらない体面・見栄からの自由を目指し、「うさぎ」になって天下一の剣術道場を開くことを決意する。

登場人物

宇田川家うさぎ道場 
宇田川伍助摂津正雪 
宇田川志乃千代吉 
宇田川喜兵衛本間魯山 
伍助の兄穂波多助 
伍助の母風間反蔵 
宇田川伍兵衛  
宇田川ミツキ  
幕府講武館連兵館
浅野清木清左衛門岩破隆兵
伊左衛門松山桐之進磯野拳兵
宇右衛門 
穂波彦左衛門白髪の門弟 
      菅谷 
      直助 
      伴四郎 
ヤマネコ道場白馬道場 
阿倍定ノ丞白石久寿夫 
サユキ  
甲斐九郎次郎  
権田鉄心  
  
唐島激  
他道場主・師範流人 
鏡明新智流の道場主スズメ 
ヒグマ道場の道場主鶴屋 
 ウズラ 
 鳳/佐倉智之進 
 百舌九 
 飛鳥 
刀鍛冶札差 
清比人華屋加四郎 
権太華屋キク 
千次  
遊女本間家 
おキヨ/薄雲本間良成 
 本間おりう 
 御前 
七菜村その他の人物うさぎ
加代羅漢組志乃が創作したうさぎ
村長田丸広之進かいせつうさぎ


関連タグ

週刊少年ジャンプ

pixivに投稿された作品 pixivで「サムライうさぎ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135464

コメント