ピクシブ百科事典

兵役

へいえき

国防のため、兵士となって軍務に服すること。
目次[非表示]

概要

 は民に対し各種の利益を与える見返りにいくつかの義務を課す。このうち、「国を守るために兵士としての労役を提供する」ことが兵役である。これには「実際に兵士として国を守る」以外に「国防のための財源を提供する」ことも含まれる(いわゆる「軍布」、人頭税の一種)。
 性別や年齢により一定の期間課され、代替手段がある場合とない場合がある。

 兵役には、『自由兵役』『強制(義務)兵役』に大きく分けられる。
 自由兵役は、いわゆる『志願兵』『義勇兵』といった、自由意思で兵士の募集に応じて軍務に服すること。
 強制兵役は、いわゆる『徴兵』などのように、国家が強制的に軍務に服させることである。

歴史

 この義務は古代においては中国などのアジアにおいては一般的にみられた。ギリシャローマにおいては自由民に対して課されていた。
 中世においてはこの形式はすたれ、職業軍人である騎士傭兵が主となった。ただし戦闘が大規模化した場合や志願により兵士になる人員が少ないは発動されることもあった(ただしこのような兵隊は士気や錬弩が低く、あまり役に立たなかったといわれている)。
 近代においてはフランス革命をはじめとする「市民国家」が成り立ち兵役のより徴収した兵士の能力が向上したこと、また戦争の変化(具体的には死者および負傷者の増加)により志願制では兵士を賄いきれなくなったことによりこの制度はまた見直されることとなった。
 現代においては戦争の変化(高度な技術の必要性)、思想および良心の自由の侵害、経済活動への影響、男女の平等の問題などにより、この義務を遂行させるよりも「税金で志願兵を賄う」ほうが有利となるため、この方式はすたれている(ただし戦争状態の継続により志願兵が少なくなった場合発動する可能性はある)。
 また、兵役を利用して福祉など人手の足りていない分野の補充に利用するということも可能であるが、これもまた問題がある。

関連項目

志願兵 徴兵制 兵士

参照

wikipedia徴兵制度

pixivに投稿された作品 pixivで「兵役」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6331

コメント