ピクシブ百科事典

目次[非表示]

獨松月兮徘徊,抱萬有兮無回。
松之傲逸,月之清漪。存一景兮弗變,涉塵世兮弗變。

概要

称号:獨照松月(どくしょうしょうげつ)

霹靂布袋戲」の登場人物。
霹靂俠影之轟霆劍海錄」などの作品で活躍した。

道教組織「道玄一脈」の天才剣士。論劍海の大会で冠座(一位)を取った実績を持つ。
友人の死をきっかけに、武林の戦争と関わるようになる。

プロフィール

性別
初登場霹靂俠影之轟霆劍海錄 第14章
退場霹靂開天記之創神篇 第28章
根拠地獨照松月
身分論劍海の劍評會冠軍(チャンピョン)
友人慕崢嶸、話偏鋒、燕歌行、倦收天、西樓懷簫
武器賦道、俠霧(不法之劍)
著作松月閒詠(松月剣法)
所有物傲松琴


人物

剣法『松月閒詠』の作者である天才剣士。名前の初出は論劍海の副主席から言及され、当期大会の冠座(一位)に列する人物。冷たい外見に反して、性格は豪快で義理堅い。友人・話偏鋒の死をきっかけに、武林の戦いと関わっていく。

親友である慕崢嶸の死を聞き、最初は復讐のために倦收天に挑む。その後、慕崢嶸の死因は暴走によって、悪事を尽くしたため、成敗されたことを知る。復讐をあきらめ、改めて倦收天と友人関係を築く。以降は剣道を切磋琢磨できる好敵手として、倦收天と剣技を競う仲となる。六絃之首蒼とも剣の手合わせをしたことがある。

武林で幾度もの戦いを経て、怪販妖市の人身売買から東方璧たちを救出するため、素還真たちと共に船に乗って出航。遭難者を救出すべく、素還真と共に海に飛び込み、渦潮に巻き込まれる。素還真が必死に救おうとするも、体が渦潮に侵食され、溺死した。

関連タグ

霹靂布袋戲

倦收天

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「冷別賦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント