ピクシブ百科事典

北海の堕天使

ほっかいのだてんし

『北海の堕天使』とは、吉岡平による架空戦記小説である。メイン画像は飯島祐輔によるコミカライズからのキャラクター「フレイア」である。
目次[非表示]

概要

北海の堕天使』とは、1991年ソノラマ文庫から発行された架空戦記小説(ライトノベル)である。

1993年から1994年にかけて、徳間書店刊の雑誌「奇想艦隊」にて、飯島祐輔によりコミカライズ化されており、
単行本『黄金の艦隊』に収録されている。
黄金の艦隊 - Wikipedia

北海の堕天使



そして2016年9月1日に、毎日新聞出版の「μNOVELミューノベル)」より、イラスト担当が武半慎吾となった、新装版として発刊された。

ミューノベル:「無責任艦長タイラー」作者の架空戦記「北海の堕天使」 イラスト一新した新装版 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

あらすじ

西暦1939年北欧の小国・トルステイン公国に向かうため、北海を航行していた大日本帝国海軍巡洋艦「石狩」は、国籍不明の戦艦に攻撃され、撃沈されてしまう。
生き残った日本海軍大尉樫村城児」と「帝都日報」の記者である「高垣進策」は、その謎の戦艦に引き上げられ、捕虜となってしまう。

戦艦の名は、行方知れずとなっていたトルステイ公国海軍の「ヨツンハイム」。
そして戦艦の艦長は「フレイア」という名の女性であった。

関連タグ

吉岡平
戦艦 軍艦
海軍
架空戦記

pixivに投稿された作品 pixivで「北海の堕天使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418

コメント