ピクシブ百科事典

名古屋ウィロー

なごやうぃろー

名古屋ウィローとは、漫画『南国少年パプワくん』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:鈴木勝美(南国少年パプワくん)
   水島大宙(PAPUWA)

シンジケート「ガンマ団」第7の刺客で(自称)魔法使い
その出で立ちも西洋ファンタジーに登場する魔法使い(もしくは魔女)然としており、怪しげな薬や魔法により相手を翻弄する。

名前の由来は銘菓「名古屋ういろう」と、アメリカのファンタジー映画『Willow(ウィロー)』をかけた洒落。その名の通り愛知県出身で名古屋弁口調で喋る。一人称は「ワシ」。
本編においても、魔法でタンノくんエビフリャーイトウくん名古屋コーチンに変えたり、ジャングルに僅かな時間で(妙にシャチホコが強調された)名古屋城を出現させたりと、これまでになくご当地ネタを満載に盛り込んだ描写が目立つ。

はじめはトットリの協力を得て巨大な忍者屋敷として建築された名古屋城を使い、誘い込まれたシンタローたちを一網打尽にしようと試みるも、シンタローが城内で「眼魔砲」を放ったことで城が倒壊してしまう。

続けて白兵戦ではパプワたちに手品師と勘違いされたことを良いことに、マジックと見せかけて彼らを殺そうとするが、規格外に頑強なパプワを仕留め損ね、その後も一転攻勢の甲斐なく撃退されてしまう。

最後の手段として、シンタローたちが寝静まったころに再び現れ「人間をコウモリに変える薬」を飲ませようとするが、パプワたちの寝相により阻まれた挙句、騒がしくしたためにシンタローに殴り飛ばされ、その拍子に誤って薬を飲んでしまい自らがコウモリになってしまう。

その後、同じくコウモリであるテヅカくん(アラシヤマの友達)と仲良くなり、最終的にはアラシヤマそっちのけで二人で遊ぶようになる。
以降は本編のシナリオに関わる機会も少なかったが最終話では人間の姿に戻っている。

容姿

前述の通り、黒いトンガリ帽とマントを羽織った西洋の魔法使いを彷彿とさせる出で立ちをしている。髪は緑色のショートボブ、モミアゲだけは長く伸ばし毛先をゼンマイのようにカールさせている。

身長は他の団員たちよりやや小柄で、最終回での再登場時は(作者の作画の変化もあり)顔立ちも童顔になった。

関連タグ

南国少年パプワくん PAPUWA
ガンマ団 魔法使い 名古屋 ういろう

pixivに投稿された作品 pixivで「名古屋ウィロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9002

コメント