ピクシブ百科事典

吹越花澄

ふきこしかすみ

漫画『SOULCATCHER(S)』のキャラクター。
目次[非表示]

SOULCATCHER(S)の登場人物。
鳴苑高校吹奏楽部のフルートのパートリーダー。

プロフィール

誕生日4月14日
身長
メイン楽器フルート
サブ楽器ピッコロ
好きな食べ物タルト
好きな音楽
備考


人物

長い髪を一つの三つ編みにして肩から前へ垂らしており、周りからは「カスミン」と呼ばれている。
のほほんと花が咲いた様な性格で、常に笑顔でマイペース。
「音楽は楽しくやったほうがいい」という精神の持ち主で、勝ち負けに拘らずに物事を楽しむことを旨としており、勝負事に対してはたとえ選挙等であっても中立的な立場を取る。

小学校4年生のころからフルートを始め、以来、様々な大会で優勝を飾った才能の持ち主。妹の聖月も彼女を追ってフルートを始め、花澄ほどの功績は残すに至っていなかったが、姉妹で競い合うように過ごしていた。
しかし、中学の時、姉より上位に立てないならばフルートを辞めるべきだと周囲に諭される聖月の姿を見た花澄は、妹を想ったが故に後の大会演奏で手を抜いて吹き、聖月にわざと勝利を譲ってしまう。それ以来、「皆が音楽を楽しめる方法」と自分の才能に蓋をして過ごし、何事にも争いを避けた中立的な立場をとるようになるが、その姿勢を聖月は嫌い、花澄を軽蔑するようになる。
現在も聖月はソニ学にてフルートを扱っているが、神峰と対面した時点での姉妹仲はよろしくなかった。

妹の態度に「楽しむ事は悪いことなのか」と問う花澄に、神峰も当初は悩むが、戦うことも楽しむことも両方とも諦めたくないと結論を得た彼は、「(勝負を避けるという)楽な道を選んで本当に楽しかったか」という疑問を逆に投げつけ、花澄の考え方の誤りに気付かせるに至る。そうして彼女は、天籟ウインドフェスにて神峰の指揮とともに才能を爆発させ、今までの自分に別れを告げた。

神峰が見る彼女の心は、砂時計の落ちゆく砂の中に咲く和やかにも危うい一輪の花だったが、天籟ウィンドフェスにて悩みを払拭した以降、鎧をまとった美しく強い女神(花澄本人)となった。



名字には、楽器を「吹く」、「吹奏楽」の「吹」の字が入っている。

関連タグ

週刊少年ジャンプ SOULCATCHER(S)

吹越聖月

pixivに投稿された作品 pixivで「吹越花澄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125083

コメント