ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴


概要編集

声:豊崎愛生


主人公結城新十郎相棒

幼い美少年探偵助手)と、長身の美女(上司)の二通りの姿に変身する謎の存在。


普段は無邪気な振りをしているが、それは猫を被っているだけで実際は小悪魔な性格。また時に、人を超越した様な素振りも見せる。

子供と大人の二つの姿でファッションが大きく変わるが、どちらもパンダを模したデザインになっている。

少年の姿の時は、身動きすると何故か鈴の音がする。


正体は、人ならざるもの・・・即ち人外。

過去の日本軍人たちが国外遠征の際に拠り所として所持していた仏像等に宿った神のようなものの一つであり、像の持ち主である人間たちが現地で戦死したことによって、そのまま国外のとある洞窟に取り残されていた。

明確な正体は不詳であり、一般人に「化け物」と呼ばれたり、「悪魔」と卑下されたりしている。

長年封じられていたところから復活したものの、その状態は「不完全」のようで、人の身体に乗り移らないと存在できないらしく、復活した瞬間は新十郎の身体に取りついた。

今の身体は、新十郎がかつて国外に居た際に紛争地域で知り合った倉田由子の死体を使ったもの。因果個人としての姿は不明だが、能力を使う時に大人の女性の姿になるのは、そのためであると思われる。


人外として、人間が腹の底に潜めている「本心の叫び」を意味する”御魂(みだま)”を喰らう。この御魂は紫色の蝶で描写され、人間が隠し事をすればするほどその御魂は肥え太るという。

本来は質問もなしに人の本心を暴き、吐き出された御魂ごと相手の命を奪うのだが、新十郎と「好きなだけ御魂を与える代わりに、もう人を殺さない」という契約を交わす。


以後は、探偵・新十郎の助手に納まり、捜査の過程で容疑者から真実を引き出す為に能力を使っている。

ただし、殺さずに御魂だけ喰らうのは少々面倒らしい。

また、「どう質問すればその人間の本心の叫びを引き出せるか」までは頭が回らないのか、毎回、新十郎に指示された通りの問いをしている。

身体が人間であるため、一応の空腹は普通の食物でも補える。また第三者に操られる等で、人為的に歪まされた御魂は不味いらしい。


その他の能力は未知数であり、特に質問した人間から強制的に答えを嘘偽り無く聞き出す能力を持つ。ただし同じ相手には一度しか使えず、人間以外の生物や知性体には効果がない。

その他死にかけた新十郎を治癒したり、身体の一部あるいは全身を怪物に変化させて怪力を放ったりすることも可能。


元となったキャラクターは『安吾捕物帖』の花逎家因果。


関連タグ編集

UN-GO

結城新十郎

パンダ


脳噛ネウロ…同じく人間のカルマを主食とする人外。

関連記事

親記事

UN-GO あんご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2429888

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました