ピクシブ百科事典

在原行平

ありわらのゆきひら

在原行平とは、平安時代の貴族・歌人である。
目次[非表示]

概要

平安時代前期から中期に活躍した歌人。父は平城天皇の皇子であったが、皇位係争に巻き込まれることを恐れた父によって在原氏を賜り、臣下となった。

在原業平の兄にあたる人物である。
弟は対照的に、地方官や中央官吏を歴任するなど堅実な性格であった。

「立ち別れ いなばの山の みねにおふる まつとし聞かば 今帰り来む」
855年に初めて国司の長官に任じられて因幡国に赴いたときに詠んだ歌が、「百人一首」16番に載せられている。

外部リンク

在原行平 - Wikipedia

関連タグ

平安時代 歌人
在原業平
和歌 百人一首

pixivに投稿された作品 pixivで「在原行平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3408

コメント