ピクシブ百科事典

地球儀外交

ちきゅうぎがいこう

地球儀外交とは、安倍晋三総理大臣の外交方針のこと。『価値観外交』とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

安倍晋三首相が、平成25年(2013)1月の所信表明演説で述べた外交上の基本方針。

周辺諸国(主に中国韓国)との二国間関係だけでなく、世界全体を広く見渡して、『自由』『民主主義』『基本的人権』『法の支配』といった基本的価値に立脚した、戦略的な外交を展開していくことである。

その方針通り、安倍首相は就任からわずか2年弱で、戦後の歴代総理で最多となる50ヶ国もの国々を訪問し、各国の首脳と非常に友好的な関係を築いた。

特にASEANとは、価値観外交の基本方針のもと、経済安全保障での存在感が高まるASEANとの連携を重視し、安倍晋三総理は就任後の僅か1ヵ月以内に、自身のベトナム、タイ、インドネシア訪問を始め、麻生太郎副総理のミャンマー訪問など、閣僚がASEAN主要国を次々と訪問した。

そうして『自由』『民主主義』『基本的人権』『法の支配』など普遍的価値の実現と、経済連携ネットワークを通じた繁栄を目指し、日本はASEANの対等なパートナーとして共に歩んでいく旨のメッセージを各国首脳に伝達した上、2013年1月18日には、訪問先のインドネシアにおいて、対ASEAN外交5原則を発表した。

対ASEAN外交5原則

  1. 自由,民主主義,基本的人権等の普遍的価値の定着及び拡大に向けて、ASEAN諸国と共に努力していく。
  2. 「力」でなく「法」が支配する、自由で開かれた海洋は「公共財」であり、これをASEAN諸国と共に全力で守る。米国のアジア重視を歓迎する。
  3. 様々な経済連携のネットワークを通じて、モノ、カネ、ヒト、サービスなど貿易及び投資の流れを一層進め、日本経済の再生につなげ、ASEAN諸国と共に繁栄する。
  4. アジアの多様な文化、伝統を共に守り、育てていく。
  5. 未来を担う若い世代の交流を更に活発に行い、相互理解を促進する。


関連タグ

安倍晋三 外交
インド オーストラリア
ASEAN EU

東南アジア 南アジア
東アジア 中央アジア
中東 ヨーロッパ
アフリカ オセアニア
北アメリカ 南アメリカ

コメント