ピクシブ百科事典

塗仏

ぬりぼとけ

塗仏とは黒い坊主の妖怪。
目次[非表示]

概要

塗仏とは目玉が飛び出して垂れ下がっており、漆塗りのように黒い不気味な坊主の妖怪である。
江戸時代のいくつかの妖怪絵巻や書物に登場し、「ぬりぼとけ」「ぬり仏」「黒坊」の表記もあるが解説は一切なく、何をする妖怪か不明である。
絵が写されていく段階で、坊主頭のもの、長い髪のもの、または魚の尾が生えているものといくつかのバリエーションがある。
鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では背景として仏壇から飛び出している様子が描かれた。
近年の妖怪図鑑では仏様に化けるのに失敗した妖怪で、仏壇から飛び出し人を脅かすとされることが多い。

塗仏さん てっかてか
塗仏
塗仏
塗仏


腐敗して色が黒くなり、目玉も溶けて飛び出した亡骸を妖怪化したものであるとの説もある。

「化け物尽し絵巻」では同じ姿の妖怪がなぜか海坊主とされている。

怪奇作家佐藤有文著の「いちばんくわしい日本妖怪図鑑」では、別名であるびろ~んという妖怪が紹介されている。(全く姿が違うがこの妖怪の元絵には実際「ぬりぼとけ」と書いてある)

びろーん


創作での扱い

塗仏の宴

京極夏彦京極堂シリーズのひとつ。「宴の支度」と「宴の始末」の二部構成。

妖怪百姫たん!

色黒の坊主の妖怪。インド僧風の美女で女色好きの豪放磊落な性格。天竺由来の激辛料理で巨万の富を築きつつあるという設定。

斑鳩(STG)

ゲーム誌用に鈴木康士氏によって描かれた「飛鉄塊」の黒地に金の模様が入った特別カラーバリエーション。コトブキヤよりキットが発売された。

妖怪始末人トラウマ

雨が降っているときに相手を自分と同じ動きに操る妖力を持ち、その力で旅館の窓から自分を見たものを自殺させ供物にしていた。金仏が化けたものなので身体は硬い。

関連タグ

妖怪 塗仏の宴
びろ~ん びろーん 海坊主

pixivに投稿された作品 pixivで「塗仏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 875

コメント