ピクシブ百科事典

天使長

てんしちょう

アブラハムの宗教の神話に登場する「天使」の階級の一つ。もしくはそれに因んだキャラクターの名前や役職など。
目次[非表示]

概要

アブラハムの宗教の神話に登場する天使の階級の一つ。日本では大天使とも訳される。
現代の創作物においてはこれに因んだキャラクターの名前や役職などに使われる。

曖昧さ回避

キャラクター名


役職や呼称とするキャラクター


天使長(ラブやん)

天使長にシカラレタイ


本名は「メテ・ルー」。
名前で呼ばれることは殆ど無い。

ラブやんの上司でエリートキューピッド。
見た目はロリだが大の男にも勝てるほどの腕っ節の持ち主。

仕事に対してかなりシビアな面があり、愛の成就に必要とあらば他のカップルが破局しかねないことも平気でやる。運命の赤い糸を自在に操ることが出来るので、思いのままにカップルをくっつける事が出来る。
この能力はとても強力で、彼女にイタズラしようとしたカズフサはちくわとツガイにされてしまった(ちくわに”ひさ子”と名前をつける程に愛してしまっていた)。

関連記事

親記事

天使 てんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天使長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1376

コメント