ピクシブ百科事典

妖怪花/妖怪花の精

ようかいばなとようかいばなのせい

ゲゲゲの鬼太郎に登場する一番弱いとされる花の妖怪及び、その化身。
目次[非表示]

概要

妖怪の中では一番弱いとされている花の妖怪。
心優しい性格の持ち主で、第3期では理解あるさびれた旅館のオーナーに自分たちを使って何とか旅館に客を呼び込めないかと提案していた。

現在では日本のとある山村の秘境を棲息地としてひっそりと暮らしていたが、強欲なホテルのオーナー(第3期ではぬらりひょん)が開発を進めた結果、住処を追われホテルの支配人が何とはなしに鉢植えに植え替えられた一輪を除出で全滅しまう。

最後の一輪となった妖怪花は宿泊客たちやホテルの従業員たちに後述する少女の姿で訴えかけていたが際に鬼太郎と出会い、彼の協力によりホテルを壊すことに成功し再び野原一面に咲き乱れる事が出来た。

妖怪花の精

妖怪花が少女の姿に化身して夢の中に現れた姿。
強欲な人間 (第3期では旅館を乗っ取ったぬらりひょん) の推し進めるホテル建設の為に絶滅の危機に瀕してしまった為、宿泊客や従業員たちの夢の中に現れて必死に救いを求めていた。

関連項目

妖怪 花の精 妖精 ゲゲゲの鬼太郎

コメント