ピクシブ百科事典

妖界ナビ・ルナ

ようかいなびるな

妖界ナビ・ルナは、児童対象のファンタジー小説、および漫画。
目次[非表示]

概要

妖界ナビ・ルナは、池田美代子による児童文学、及びそれを原作にした漫画
挿絵はI期・琴月綾、II期・戸部淑。漫画版は菊田みちよが手がける。
フォア文庫から刊行されていたが、作者の体調不良により中断。後に青い鳥文庫で再開した。
フォア文庫での区分は小学校中・高学年向きだが、ファン層は小学生にとどまらない。

I期

フォア文庫「妖界ナビ・ルナ」(1)解かれた封印~(10)黄金に輝く月 まで。
妖怪としての力が目覚めた伝説の子・ルナは、悪しき妖怪を妖怪の世界・妖界へと返す「妖界ナビゲーター」として旅立つ事となる。

登場人物

竜堂ルナ
主人公。ある日第三の目が目覚めた事で、過酷な運命と使命を背負う。
スネリ
ルナの仲間の妖怪。本来は見えない霧の姿で、普段は白猫の姿。
もっけ
ルナの仲間の妖怪。本来は光る影の姿で、普段はフクロウの姿。
タイ
ルナの前に度々姿を現す謎の少年。右手に第三の目を持つ。
カザン
タイと行動を共にする妖怪。黒い犬の姿をしている。
都和子先生
星の子学園でかつて先生をやっていた女性。
ルナに何やら意味深な言葉を残していたが、実は……

II期

フォア文庫「妖界ナビ・ルナII」(1)妖界への帰還~(2)果て遠き旅路、及び青い鳥文庫「新 妖界ナビ・ルナ」(1)ガラスの指輪(実質3巻目)、以下続刊。
封印したはずの悠久の玉が盗まれた事をきっかけに、ルナは新たな仲間を連れて再び旅立つ。
絵師交代のためか、挿絵のキャラデザがI期と若干異なる(ルナのアホ毛の有無など)。

登場人物

ソラウ
もっけの友人の雷獣。兄・ヒュウを探しており、そのためルナの仲間となる。
ふうり
愛の妖精。兄・シフウが行方不明。ルナの仲間となる。

新妖界ナビ・ルナ登場人物

透門ナナセ
額に梵字が刻まれており、黒い獣と共に行動している。

シリーズ一覧

妖界ナビ・ルナ(フォア文庫)

タイトル
1 解かれた封印
2 人魚のすむ町
3 黒い森の迷路
4 火をふく魔物
5 光と影の戦い
6 赤い花の精霊
7 青き龍の秘宝
8 白銀に光る剣
9 なぞの黒い杖
10 黄金に輝く月


妖界ナビ・ルナⅡ(フォア文庫)

タイトル
1 妖界への帰還
2 果て遠き旅路


妖界ナビ・ルナ(青い鳥文庫)

タイトル備考
1 解かれた封印
2 人魚のすむ町
3 黒い森の迷路
4 火をふく魔物
5 光と影の戦い
6 朱雀・青龍編フォア文庫版6巻『赤い花の精霊』、7巻『青き龍の秘宝』収録
7 白虎・玄武編フォア文庫版8巻『白銀に光る剣』、9巻『なぞの黒い杖』収録
8 決戦と決別と……フォア文庫版10巻『黄金に輝く月』、書き下ろしの番外編「陰陽師と祓魔師」収録
9 妖界への帰還フォア文庫版Ⅱ期1巻『妖界への帰還』、Ⅱ期2巻『果て遠き旅路』収録


新 妖界ナビ・ルナ(青い鳥文庫)

タイトル
1 ガラスの指輪
2 水底に沈む涙
3 星夜に甦る剣
4 ひと粒の奇跡
5 刻まれた記憶
6 瑠璃色の残像
7 空と月の幻惑
8 宿命の七つ星
9 流星の蜃気楼
10 天泣の道なり
11 伝説の御子へ


漫画版

菊田みちよによるコミカライズ。なかよしで連載していた。全7巻。
I期の1巻~6巻の途中までを元にしているが、設定やストーリー、キャラクターデザインに変更が加えられている。
例えばルナは原作では第三の目を開眼させると金髪になっていた(文中では特に触れられておらず、挿絵の描写で)が、漫画版では銀髪となる。
単行本には毎回通常版と特装版があり、特装版には番外編などを収録した「別冊ナビ・ルナ」がついていた。

関連タグ

児童文学

関連記事

親記事

青い鳥文庫 あおいとりぶんこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖界ナビ・ルナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140267

コメント