ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

タグに関して

婁震戒タグのみで投稿されているイラストなどもありますが、東離劍遊紀の彼を指す場合は、後述する事情もあってこちらのタグに差し替えることを推奨します。


概要

CV.石田彰

虚淵玄が脚本を手がける人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』に初登場。

本編初登場時は諦空という苦行僧であった。しかし、蠍瓔珞に封印されていた七殺天凌を見つけてしまう。魔剣の美しさ・尊さに価値を見出した彼は七殺天凌を手に取り、『姫』と慕うようになる

早速再開した蠍瓔珞を手に掛けると還俗。本名である婁震戒を名乗り始める。


本作における婁震戒スターシステムによる登場である。従って、レッドドラゴンの婁震戒(ローチェンシー)とは設定の根幹部分を踏襲しているだけの関係で、あくまで別のキャラクターである。

(虚淵玄氏からのtwitterでの言及1)

(虚淵玄氏からのtwitterでの言及2)


人物

殤不患と同様、気功術を操ることが可能。

同時に剣の腕前は達人と称される程の代物。七殺天凌の持ち手としては歴代最強クラスと彼女を封印した殤不患も、持ち手を知る七殺天凌自身も認めている。


しかし、彼は心の底から七殺天凌を好いているため魅了が通用しない。七殺天凌にしてみれば、持ち手をコントロール出来ず、血を求めて新たな持ち主を探すことすら出来ない。というか、剣をみだりに他人に見せることすら嫌う男。


そして誰もいない地にて、『姫』と誰にも邪魔されない場所で一生過ごすという願望を抱えるようになる。


ここまで来ると七殺天凌自ら敵である殤不患をあてにする始末である。

これでも、後に起こる致命的な解釈違いに比べれば可愛いレベルだったりする。


このように七殺天凌に対する執着心が強過ぎることから、気性が荒いと後に凜雪鴉、七殺天凌に評される。


本編(東離劍遊紀2)での活躍

手始めに、七殺天凌と共に血の饗宴を求めて護印師の総本山たる仙鎮城を襲撃した。

途中、誅荒劍を持った護印師が迎撃。魔族特効を持つ神誨魔械に七殺天凌が臆するも、剣の特性を逆手に取った婁震戒は気孔術で破壊。そのまま仙鎮城に乗り込み、城にある神誨魔械を全て破壊してしまう。


その後、浪巫謠と対峙するも、止めを刺す前に凜雪鴉が妨害に。鬼歿之地に飛ばされてしまう。

そこで婁震戒は殺戮よりも『姫』と共に悠久の時を過ごすという願望を明らかにする。

ついでに、二人の時間を邪魔したという理由で龍・歿王を退治した。

(全体を通して、歿王は第二期最大の被害者とも言っても良い仕打ちしか受けていない。)


そして、婁震戒は最大の脅威たる殤不患を倒す為、嘯狂狷掲示板代わりにして、魔脊山で殤不患らと決戦に臨む。しかし、殤不患・凜雪鴉・浪巫謠の連携によって七殺天凌を奪われ、愛する剣を魔劍目録に封印されてしまう———




はずだったが、婁震戒は自らの右腕と引き換えに七殺天凌を助け出すことに成功する

『姫』を二度と手放さぬと誓いながら、婁震戒は七殺天凌と共に谷底へ落ちていくが———


関連タグ

東離劍遊紀

 


  • 殤不患…『姫』との安寧な日々を妨げる不倶戴天の敵。

  • 凜雪鴉…別の魔剣を用いて婁震戒を翻弄。

  • 浪巫謠…還俗する前から、悪の気配を察知していた楽士。

















以降ネタバレ注意
















三期(東離劍遊紀3)での活躍

実は生存していた。しかし、肝心の七殺天凌は魔力を使い切っており婁震戒の呼びかけに応じない。

彼自身も片腕を失っていたため、魔脊山を彷徨い続ける。

婁震戒は途中で剣を落とし、逢魔漏に触れて時空の狭間に飛ばされてしまう。


幸い、時空の狭間には鬼奪天工という先客がいて、彼の手伝いも兼ねて義手を装着することとなる。

そして鬼奪天工の装置で元居た場所に戻ることになったが、直前で義手を自慢した鬼奪天工は見知らぬ彼の剣を『鉄屑』呼ばわりしてしまう。結果、婁震戒は彼を置き去りにして元の場所に戻るのだった。


その後『姫』を取られたと早とちりしたのか、今度は殤不患を追跡して西幽に転移してしまう。

その様子を見た妖魔・刑亥は七殺天凌———否、彼女の姉上である照君臨と再会するのであった。


婁震戒は殤不患から『姫』を取り返す為、神蝗盟の結界内で対峙する。

義手を用いた外法の技で殤不患や萬軍破を圧倒するが、圧倒し過ぎて結界を破壊。結果的に殤不患逃亡の手助けをしてしまう


西幽に疎く逢魔漏も未所持だった彼は、西幽の皇宮たる鳳曦宮に出頭。西幽の将軍・萬軍破の下、皇軍を率いて啖劍太歳一派の討伐に向かう。

この時点で打倒・啖劍太歳に神蝗盟・皇軍・魔族・凜雪鴉・婁震戒というオールスターじみた構成になっているが、実態は凜雪鴉の参戦で人間と魔族の関係は実質破綻しており、婁震戒の参入に最も警戒しているのが他でもなく七殺天凌という有様である。


殤不患捜索に動く神蝗盟・皇軍一派とは別に単独行動を取っていた婁震戒だが、念願の『姫』と再会することに成功する。獄中で魅了に屈した凜雪鴉が捕らえられていたが、『姫』の同胞たる刑亥の領分として手出しはしなかった。

そして刑亥ともに七殺天凌が奪われた本当の力を取り戻すために過去の時代に遡ることになった。


この時点で婁震戒は照君臨に関することを一切知らない。

七殺天凌は魔族としての本来の姿(照君臨)を取り戻そうとしている。対して、本編での婁震戒は剣としての七殺天凌を寵愛していると思われる描写が幾つか見られる。


姫よっ……どうか在るべき姿に戻られませいっ!!!


結局、復活した彼女に対し見事なフラグを炸裂した。照君臨にあしらわれた婁震戒は、そのまま過去の時代に置き去りにされてしまうが———


最終回。

何と変装術による入れ代わりで暗躍していた凜雪鴉により、元の時代へと帰って来ていた。

そして、七殺天凌と「悠久の時を過ごす」事を望んでいた震戒と魔族と敵対する凜雪鴉達は、皮肉にも照君臨の存在を良しとしないという点で利害が一致。彼との取引に応じて照君臨を七殺天凌の刃で手にかけ、再び魂を封じ込める。そして、渡された逢魔漏で彼女諸共に宇宙空間と思わしき場所へ飛ばされた。

かくして満足げな様子で震戒は事切れるが、七殺天凌(照君臨)は死ぬことができず、文字通り永遠の孤独を味わい続ける地獄へと堕ちてしまった


関連タグ

  • 萬軍破…啖劍太歳討伐における直属の上司。

  • 刑亥…七殺天凌の魂の同胞

関連記事

親記事

諦空 ていくう

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1967

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました