ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

東離劍遊紀2

さんだーぼるとふぁんたじーとうりけんゆうきつー

虚淵玄原案・脚本、日本・台湾共同制作による人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の第2期。
目次 [非表示]

概要編集

虚淵玄原案・脚本、日本台湾共同制作による人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』シリーズのTVシリーズ第二期。2018年10月1日より放送、放送局はTOKYO MX、BS11、サンテレビ。

2期の最終話にて「第3期製作決定」と報じられる。



※以下第1期のネタバレ注意編集

物語編集

災いを招く危険な秘宝「魔剣目録」の安全な隠匿場所を求め、生国西幽を離れて東離を旅する殤不患は、東離でも難攻不落と謳われる護印師の砦、仙鎮城を丹翡に紹介され、その城主、伯陽侯の手に目録を委ねる。

だが砦を出た殤の元に、西幽での旧友、浪巫謠と聆牙が駆けつけ、仇敵である禍世螟蝗の部下の蠍瓔珞が、目録を求めて東離に潜入していることを知らされる。慌てて伯陽侯の元へと引き返した殤が目にしたものは……



『東離劍遊紀2』の登場人物編集

浪巫謠(ロウフヨウ)

東離鱼鱼

CV:西川貴教

かつて西幽で殤不患の相棒だった吟遊詩人。殤不患を追って、東離に渡る。

極端に寡黙な人物で、必要最低限の事柄しか言葉にすることはなく、喜怒哀楽の感情表現は常時携えている人語を解する魔性の琵琶「聆牙」を爪弾くことで示す。

いわゆる「第3の主人公」ポジション。


聆牙(リョウガ)

CV:小西克幸

浪巫謠が愛用する魔法の琵琶。魔力のこもった浪巫謠の言霊を手元で浴び続けた結果、人格が備わり言葉を発するまでに至った。

普段は滅多に言葉を発しない浪巫謠に代わり、この聆牙が他人との交渉事を引き受けるのが常である。




蠍瓔珞(カツエイラク)

【東離劍遊紀】蠍瓔珞

CV:高垣彩陽

禍世螟蝗(カセイメイコウ)の部下。毒を操る美女。

殤不患の命と魔劍を狙っており、西幽からやってくる。


禍世螟蝗(カセイメイコウ)

CV:速水奨

殤不患と彼の持つ「魔剣目録」を狙っている謎の人物。姿を見せず、赤い蝗の描かれた石碑から威圧的な声を発する。



嘯狂狷(ショウキョウケン)

東離のらくがき

CV:新垣樽助

殤不患を「逆賊」と呼び、その居場所を探してやってきた西幽の捕吏。



諦空(テイクウ)

『サンダーボルトファンタジー』より、諦空

CV:石田彰

流浪の苦行僧。「出会う者に求められたものを差し出す」という誓いを立てて行脚している。ただし要求に対しては必ず理由を問い質す。


妖姫・七殺天凌

CV:悠木碧

喋ることのできる魔剣。使い手には人を斬る極上の快楽を味わわせ、ある種の心酔状態にさせて反抗心を失わせる。



伯陽候

CV:拝真之介

丹翡と同じく護印師を代々務めてきた一族の末裔で仙鎮城の城主。


歿王

CV:三宅健太

二足歩行し巨大な翼を備えた龍で、鬼歿之地にある「業火の谷」の主。


主題歌編集


関連動画編集

PV




公式チャンネルが公開している1話のハイライト動画


『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』2期振り返り映像(2期のネタバレ注意)


第1話

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 第一話(24分)|バンダイチャンネル|

(1話は登録無し・無料で観られる)


外部リンク編集


関連タグ編集

虚淵玄 人形劇 スターシステム

東離劍遊紀 / 生死一劍 → 東離劍遊紀2 / 西幽玹歌東離劍遊紀3




婁震戒

関連記事

親記事

東離劍遊紀 とうりけんゆうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17886

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました