ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

存在X

そんざいえっくす

存在Xとは『幼女戦記』に登場する神、いわゆるゴッドである。

CV:小倉大輔(会社員)、榎吉麻弥(OL)、相馬康一(老人)、飯野千鉱(女子高生)、佐々健太(運転手)、原田彩楓(子供)、秋山祐太(学生)、二川翔太(学生)、春日望(乳児)、手塚秀彰(人形)

概要

日本で出世コースを歩むも、容赦無い首切りで元同僚に逆恨みされのホームで電車に向け突き飛ばされたエリートサラリーマンに語り掛けた、自称・


列車に撥ねられる寸前で時を止め、駅にいた人々や鳩の口を借り、世間における信仰心の欠如を嘆いて見せ、超自然を前にしても滔々と無神論を語って見せる彼に信仰を芽生えさせようと、二つの世界大戦に直面していた頃のヨーロッパに似た異世界にターニャ・デグレチャフという名の幼女として転生させる。

神がそれを望まれる

その後、ターニャが転生して10年間はなるべく不介入を貫いていたが、一向に信仰心を抱かずに入隊し持ち前の頭脳で順調に出世する彼を死の危険に追いこむついでに、新兵器「エレニウム九五式」の開発成功と量産失敗による彼女のみへの支給、という形で「恩寵」を与えるといったアプローチを続けている。


「エレニウム九五式」には存在Xにより、使用する際に「神に祈りたくなる」という精神汚染が生じる条件が課せられており、ターニャはあまりこれを使いたがらない。

使用時の祈りの文句の一つに「主よ、父と子の名のもとに裁きの雷を落とし給え」があり、若干キリスト教風(正確には「父と子と聖霊」という形になる)だが、存在Xは自身を輪廻転生を司る存在としており詳細は不明である。


漫画版では主にゼウスらしき老人の風貌として干渉している。インド神話や北米神話の神々のような仲間らしき存在もいることから、唯一神というよりは主神的な存在のようである。


アニメ版では宗教的問題の為か、現実世界のなにか憑依する形で降臨している。

全体的に出番が増加しており、アンソン・スーを救ったりもしている。


関連タグ

ターニャ・デグレチャフ


アリス・ギア・アイギス:幼女戦記コラボにおいて、ターニャを東京シャードへ転移させた張本人。

異世界かるてっと:ターニャ、アインズスバルが日本からの転生者であることを見抜いたアクアが、自分がカズマを日本から呼び寄せた女神であることを明かしたため、ターニャがアクアを”存在x”と誤認、アクアに殺意を抱いたことがある。

関連記事

親記事

幼女戦記 ようじょせんき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 727345

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました